アンサングシンデレラあらすじネタバレ紹介!原作とドラマの違いは?

アンサングシンデレラあらすじネタバレ紹介|原作とドラマの違いは?石原さとみドラマ

Pocket

日本で初めて病院薬剤師をテーマにしたドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』が2020年4月からスタートします。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』はマンガのドラマ化で、原作は荒井ママレさんの『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』です。

病院で働く薬剤師さんのマンガやドラマは、どんなあらすじで進んでいくのでしょうか?

このサイトでは、原作漫画とドラマの違いにも触れながら、アンサングシンデレラのあらすじネタバレをご紹介します。

※完全ネタバレではありませんが、まっさらな状態でドラマを楽しみたい!という方は、閲覧を控えてくださいね。

『アンサングシンデレラ』のあらすじネタバレ、原作とドラマの違いを見ていきましょう!

 

アンサングシンデレラあらすじネタバレ紹介

アンサングシンデレラの主人公・葵みどりは、萬津総合病院の薬剤部に勤務する薬剤師です。

『患者の当たり前の毎日を取り戻すことが大事』という信念のもと、つい患者に深入りしたり、医師や薬剤師に真っ向から意見してしまい、トラブルを起こしてしまうことも度々あります。

1人の患者に時間をかけすぎてしまい非効率なので、たびたび同僚や先輩から注意されてしまいます。

自分でも分かっているけど、気になると放っておけないお人好しで、処方内容に不審点があれば処方箋を出した医師に堂々と疑問点を問う度胸の強さも持ち合わせています。

葵みどりや薬剤師の活躍のおかげで、救われる患者さんや、意識の変わる医師や看護師など病院スタッフが増えていきます。

先輩薬剤師の瀬野のフォローを受けながら、患者と正面から向き合っていき成長していく葵みどりの姿や、巻き込まれて変化していく他の薬剤師や医師・看護師の姿が描かれるストーリーです。

 

アンサングシンデレラのネタバレ

アンサングシンデレラは、1話ごとに異なるテーマで、違う患者さんが現れる1話完結型で進んでいくことが多いです。

原作漫画で登場する患者さんのケースをいくつかネタバレ紹介しちゃいます。

 

1話:整形外科

患者は頑固な植木職人の古賀さんで、腰痛で入院してるけど、喘息もあり。

症状が良くないけど、早く退院したいから医師には内緒。

でも具合が悪そうな所を偶然見てしまった葵は放っておけない。

いろいろ深い知りして、担当の整形外科医に血液検査をすすめるなど、かなり越権しちゃって医師から煙たがられます。

最終的には、喫煙者用に合わせて薬が処方されているのに、古賀さんが自主的に禁煙していることを伝えていなかったので、薬が悪い方向に作用していたことが判明します。

2話:子供の苦い薬にチョコレートアイス

調剤窓口で小さい子供(れお君)を抱えて辛そうなお母さん(山口さん)が気になる葵。

山口さんはシングルワーキングマザーで、子供がマイコプラズマにかかってしまって仕事も休まざるを得ないうえに、処方された薬を子供が飲んでくれなくてストレスMAXになっていました。

そんなところに葵がほぼ無理矢理、服薬指導をおこないます。

マイコプラズマで処方されていた薬は、苦い薬なのでもともと甘味料でコーティングされているけど、子供は敏感なのでそれでも気付いて飲んでくれないことも多い。

お母さんはオレンジジュースに混ぜて飲ませようとしていたけれど、オレンジジュースは薬の甘味料コーティングが剥がれてしまうので、逆にすごく苦くなってしまってたことが判明!

チョコレートアイスクリームに混ぜて飲ませてあげるのがオススメだと紹介されます。

今までチョコアイスはまだ早いからと食べさせてなかったけど、病気の時は特別と切り替えられるようになって、れお君もチョコアイスで薬を飲めるようになり、お母さんも穏やかに子供と接せられるようになる。

 

3話:アナフィラキーショック

蜂に刺されてアナフィラキーショックをおこした患者さんが救急搬送されてきます。

よろず総合病院では薬剤師も救急に立ち会います。

普通ならアドレナリン投与で落ち着くはずなのに、アドレナリンが効かず、患者さんは心拍停止してしまい、心臓マッサージします。

呆然とする葵みどりですが、先輩薬剤師の瀬野が一緒に搬送された友人から患者が血圧を下げる薬を薬を飲んでいたことを聞き出してくれます。

この血圧を下げる薬のせいでアドレナリンが効かなかったことが判明。

原因が分かれば対応できる薬(グルカゴン)があるので、患者は無事に回復することができました。

 

アンサングシンデレラは、自然と薬の豆知識がつきそうな内容だね。

薬剤師さんの見方も変わるね。

 

アンサング・シンデレラの意味

アンサングは英語で「unsung」・・・un-sung:サング(賛美)されない⇒賞賛されない・褒められないという意味。

”縁の下の力持ち”という意味もあります。

シンデレラは、童話シンデレラのイメージで問題なさそうです。

薬剤師は、医師の処方する薬を患者に提供するだけというイメージが強いので、医師からも患者からも褒められたり感謝されることがほとんどないんですね・・・。

私もですが多くの方は、薬剤師さんの仕事内容について深く考えたことはないのではないでしょうか?

薬剤師はなかなか認められず存在意義を自問自答することもあるけれど、へこたれることなく信念を持って成長する薬剤師・葵みどりを上手に表しているタイトルだなと思いました。

 

アンサングシンデレラ原作とドラマの違いは?

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の原作マンガ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』は、徳間書店『月刊コミックゼノン』2018年7月号から連載開始し、今も連載中の人気漫画です。

作者は荒井ママレさんで、実際に総合病院で薬剤師として働いている富野浩充さんが医療原案をされています。

原作とドラマの違い①キャリア

原作漫画とドラマの1番の違いは主人公・葵みどりのキャリア・年齢です。

原作漫画ではキャリア2年の新人薬剤師ですが、ドラマではキャリア8年の中堅薬剤師です。

33歳の石原さとみが演じるに当たってキャリア2年目はちょっと無理があるので、この設定になったのだろうと推測されています。

中堅薬剤師になったことで、ドラマでは医師のように責任がなさそうだから薬剤師になったという新人薬剤師・西野七瀬が登場しています。

新人薬剤師の指導や先輩薬剤師からのアドバイスなど、見どころが増えています。

 

原作とドラマの違い②登場人物

アンサングシンデレラのドラマでは、原作にないキャラクターが多く登場するようです。

原作では表現されていなかった、さまざまな人間模様が描かれていきそうです。

 

原作とドラマの違い③オンライン診療

コロナウイルスの影響で病院でのロケが難しいことから、アンサングシンデレラのドラマではオンライン診療の場面も増やすそうです。

原作漫画にはオンライン診療は出てきていないはずなので、時代に合わせたドラマならではの展開ですね。

 

 

アンサングシンデレラあらすじネタバレまとめ

2020年4月スタート石原さとみ主演の医療ドラマ『アンサングシンデレラ』のあらすじと原作マンガとの違いを一部ネタバレでお伝えしました。

日本で初めて病院薬剤師をテーマにしたドラマとして話題になっていますが、すごく面白そうです!

薬剤師は医師から処方された薬を患者さんに渡すだけの仕事と思ってましたが、アンサングシンデレラをみると、そんな単純な仕事ではなく奥の深い仕事だと考え方を改めることになりました。

処方箋を渡してから、名前が呼ばれて薬をもらうまで長いな~とか、説明もう要らないよ~とか思ってたけど、アンサングシンデレラのおかげで薬剤師さんを見る目が変わりました(*^^*)

薬の豆知識も増えるし、毎回楽しみです!

『アンサングシンデレラあらすじネタバレ紹介|原作とドラマの違いは?』を最後までご覧いただき、ありがとうございました!