アンサングシンデレラ小野塚綾よろず病院薬剤師に転職?奨学金は大丈夫?

今回はアンサングシンデレラ小野塚綾よろず病院薬剤師に転職?奨学金は大丈夫?をお届けします。

アンサングシンデレラで成田凌が演じる小野塚綾の正体が、遂に第3話で明らかになりましたね。

ナカノドラッグという街の調剤薬局の薬剤師さんでした。

今まではラーメン屋でフレンドリーに話しかけてくるイケメンだったのに、急に感じ悪い薬剤師に変わり、葵(石原さとみ)と敵対関係になってしまってモヤモヤしました

でもラストでは将来的によろず病院薬剤師に転職するのかも?という流れに変わっていきました。

小野塚綾はナカノドラッグからよろず病院の薬剤師に転職するのでしょうか?

奨学金の問題があるから無理なのでしょうか?

色々気になったので調べてみました。

 

アンサングシンデレラ小野塚綾の正体はナカノドラッグ薬剤師!

葵(石原さとみ)とラーメン屋さんで出会い、やたらと絡んでくる謎のイケメン小野塚(成田凌)の正体が、第3話で明らかになりました。

よろず病院の入院患者さんのかかりつけ薬局で処方されている薬が、葵たち病院薬剤師から見るとあり得ない状態で、確認に電話したり会いに行ったら、中華料理やで会ってた小野塚さんだったという展開。

小野塚綾(成田凌)は街のドラッグストア(ナカノドラッグ)の薬剤師でしたが、正体がバレた途端、凄く感じ悪くてビックリでした。

小野塚綾(成田凌)の勤務先は、薬剤師の仕事に集中する時間がとれない過酷な勤務体系。

『患者さんと向き合う』を力説する葵に、「ドラッグストアでは1人の患者さんを気にかけることなんてできない、病院とは違う。」と、ドラッグストアの現状を伝えます。

葵を小馬鹿にした感じ悪い態度ではありましたが、それぞれの環境でお互い意見が違って言い分があるのは仕方ないことで、小野塚綾(成田凌)の意見にも納得できました。

それでも、食い下がって正論をいう葵(石原さとみ)がちょっとどうかなと思ってしまったくらいです・・・。

 

 

アンサングシンデレラ小野塚綾よろず病院薬剤師に転職する?

小野塚綾(成田凌)はもともと意識高い薬剤師だったけど、職場環境のせいで勉強できず患者さんに向き合えなくなっていました。

しかも、学生の研修時代に瀬野(田中圭)の姿をみて憧れてるみたいでしたね。

薬剤師が医師に意見して、患者を助けることもできるのかと感銘を受けてる感じでしたね。

その時に、二人で話もしてますが…お互い気付いてるのかな?

小野塚綾(成田凌)は覚えてるみたいだけど…。

 

 

アンサングシンデレラ小野塚綾の奨学金返済はどうなる?

小野塚綾(成田凌)は薬剤師になるための大学薬学部の学費に、奨学金を利用していました。

奨学金の金額は6年間で600万円。

私立大学の薬学部の学費は6年間600万円では納まらないでしょうから、国立大学だったか奨学金は一部補充タイプだったのかな?と思われます。

小野塚綾(成田凌)は、ナカノドラッグで薬剤師として3年間働けば、この奨学金を会社が肩代わりしてくれるという契約でナカノドラッグに就職していたようです。

そんな就職条件があるなんて初めて知ったのですが、ドラッグストアでは薬剤師をキープする事がそれだけ難しく重要なことなんでしょうね。

たしかに、ドラッグストアは遅くまで開いてても薬剤師は深夜いない店舗が多いから、深夜も薬剤師を確保できればお店は利益が上がるんでしょうね。

 

 

アンサングシンデレラ小野塚綾へのTwitterの反応