トッケビ王妃とサニーの関係は?キャスト女優キムソヒュンも紹介!

トッケビ王妃とサニーの関係は?キャスト女優キムソヒュンも紹介!

今回は、トッケビ王妃とサニーの関係は?キャスト女優キムソヒョンも紹介!をお届けします。

トッケビ王妃キム・ソンとウンタクの働くチキン店店主のサニーはどのような関係なのでしょうか?

2人の主な役どころについても気になりますよね。

トッケビ王妃とサニーの関係と、王妃役を演じる女優キム・ソヒョンさんについて、まとめてみました。

トッケビの王妃が気になっている方は、是非最後までご覧ください。

 

トッケビの王妃とサニーの関係は?

まずは、トッケビの王妃とサニーの関係をお伝えしておきます。

高麗時代の王妃キム・ソンは、現代ではチキン店の店主サニーに転生しています。

高麗時代では、悲しい死を遂げることになりますが、現代につながる大切な役どころになっています。

それでは、高麗時代の王妃キム・ソンと現代を生きるサニーの役どころについて詳しく見ていきましょう。

 

王妃キム・ソン役どころ

キム・ソンは高麗時代の王妃です。

後のトッケビになるキム・シンの妹であり、王のであるワン・ヨの妻です。

先代の王の遺言により、結婚することになったワン・ヨとキム・ソン。

お互いに心を寄せ合い仲睦まじい2人でしたが、王ワン・ヨの臣下であるパク・チュンホンの策略によって徐々に関係は悪化していきます。

とても腕が強い武臣キム・シンはその強さ故に王から疎ましく思われていました。

王妃であるソンは王と兄の板挟みになってしまいます。

ソンの最後は王と兄の間に挟まれ、矢で射られて無念の死を遂げます。

王とソンの指輪をはめるシーンがその後、前世の記憶を蘇らせる重要な鍵となります。

 

サニー役どころ

サニーは現代でウンタクが働くチキン店の店主です。

高麗時代の王妃キム・ソンが現代に生まれ変わりサニーになりました。

サニーはとても勘が鋭く、神からの配慮があり前世の記憶を持っています。

前世の夫であるワン・ヨが死神となってサニーの前に現れ2人は恋に落ちますが切ない結末を迎えます。

死神の正体がサニーにばれてしまうシーンでは涙無しには見ることができません!

時を超えて立場が変わってもお互いひ惹かれあうサニーと死神、高麗時代に夫婦だった2人のストーリーが物語の鍵となっています。

 

トッケビ王妃キャストの女優キムソヒョンを紹介

トッケビ王妃キャストの女優キム・ソヒョンさんですが、トッケビを観た人たちから可愛い!との声が続出しています。

どんな女優さんなのか気なりますね。

まずはプロフィールをみていきましょう!

  • 名前 キム・ソヒョン
  • 生年月日 1999年6月4日
  • 出身地 オーストラリア
  • 身長 165cm
  • 血液型 O型
  • 所属事務 kakaoM

オーストラリアで生まれて、3歳の時に韓国に帰国しています。

2006年に7歳で子役デビューをしています。

 

キムソヒョンの出演ドラマ映画

わずか7歳で子役デビューしたキム・ソヒョンさん。

その後も数々の人気ドラマや映画に出演しています。

どんな作品に出演しているのか見ていきましょう!

テレビドラマ

  • 幸せな女(2007年、KBS2) – イ・ジヨンの少女時代役
  • 伝説の故郷(2008年、KBS2) – ヨナ役
  • 幻の王女チャミョンゴ(2009年、SBS) – ミョリ役
  • 製パン王キム・タック(2010年、KBS) – ク・ジャリムの少女時代役
  • パダムパダム〜彼と彼女の心拍音〜(2011年-2012年、JTBC) – ジナの少女時代
  • 太陽を抱く月(2012年、MBC) – ユン・ボギョンの少女時代役
  • ラブ・アゲイン症候群(2012年、JTBC) – チョン・ユリ役
  • 会いたい(2012年-2013年、MBC) – イ・スヨンの少女時代役
  • アイリス2(2013年、KBS2) – ジ・スヨンの少女時代役
  • 君の声が聞こえる(2013年、SBS) – チャン・ヘソンの少女時代役
  • 私の10年の秘密(2013年、SBS) – チョン・イヒョンの少女時代
  • 悪夢先生(2016年、tvcast) – カン・イェリム役
  • キスして幽霊!(2016年、tvN) – キム・ヒョンジ役
  • トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜(2016年-2017年、tvN)(特別出演)
  • ノクドゥ伝(2019年、KBS2) – ドン・ドンジュ役

など30を超えるドラマに出演しています。

映画

  • 我輩は朝鮮の王である(2011年)
  • 純情(朝鮮語版)(2016年)
  • 君の名は。 吹き替え(2017年)

 

トッケビ王妃に関する評判

トッケビ王妃に関するキム・ソヒョンさんの評判はどうでしょうか?

インターネット上の声を調べてみました。

数話しか王妃は登場しないのですが、高麗時代と現代を繋ぐ重要なシーンをたくさん担っている重要な役どころをしっかり演じています。

後のトッケビとなる兄と夫である王の板挟みになり、兄のために命を落とすシーンでも最後まで王を目で追っています。

王と王妃2人の思いはすれ違ってしまったけれど、思いを寄せていることがわかる切ないシーンです。

「ソヒョンさんの演技に引き込まれててまう!」との声が多く見られました。

可愛さと、演技力の高さで高評価を得ていますね。

さすが子役時代からたくさんの作品に出演している女優さんですね。

 

まとめ

今回は、トッケビ王妃とサニーの関係、王妃キャスのト女優キムソヒョンさんをご紹介しました。

ソヒョンさんは子役時代からたくさんのドラマに出演し、現在も女優として活動している韓国の人気者です。

まだ若い女優さんですのでこれからの活躍が楽しみですね。

トッケビ王妃とサニーの関係は?キャスト女優キムソヒョンも紹介!をお届けします。に最後までお付き合いいただきありがとうございました。