シャカナローの花はサガリバナ?ホノホシ海岸の石の伝説は関係ある?天国と地獄

シャカナローの花はサガリバナ?ホノホシ海岸の石の伝説は関係ある?天国と地獄

Pocket

今回は『シャカナローの花はサガリバナ?ホノホシ海岸の石の伝説は関係ある?天国と地獄』をお伝えします。

ドラマ『天国と地獄』は、殺人鬼(高橋一生)と刑事(綾瀬はるか)が入れ替わってしまう、サイコエンターテイメント★

ドラマでは、奄美大島の『月と太陽の入れ替わりの伝説』が関わっているとされています。

奄美大島の『月と太陽の入れ替わりの伝説』は、実際に言い伝えられている民話で、そこに『シヤカナローの花』(書物のよっては『シャカナローの花』)が出てきますが、シャカナローの花は実在するのでしょか?

『天国と地獄サイコな二人』第3話では、シャカナリーの花は”サガリバナ”ではないか?と分かってきました。

奄美大島の海岸の丸い石を持っていると不幸になるという伝説もでてきました。

奄美大島の伝説(月と太陽の伝説のシヤカナローの花・丸い石)についてまとめてみましたので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

 

シヤカナローの花はサガリバナ!?

サガリバナとは

 

ホノホシ海岸の丸い石の伝説とは?

 

まとめ

『シャカナローの花はサガリバナ?ホノホシ海岸の石の伝説は関係ある?天国と地獄』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。