天国と地獄|奄美大島の伝説とは?月と太陽は名前に関係ある?

天国と地獄奄美大島の伝説とは?月と太陽は名前に関係ある?

Pocket

今回は、『天国と地獄|奄美大島の伝説とは?月と太陽は名前に関係ある?』をお届けします。

綾瀬はるかさんと高橋一生さんが出演されているTBS日曜劇場『天国と地獄』、入れ替わった2人を見ていると毎回ハラハラしますね。

そう、『天国と地獄』は、綾瀬はるかさん演じる『望月彩子』と高橋一生さん演じる『日高陽斗』の魂が入れ替わってしまうストーリーですが、この入れ替わりの元になる伝説があるのです。

それは、鹿児島の奄美大島に伝わる『月と太陽の伝説』です。

ドラマ『天国と地獄』のストーリーの元となった、奄美大島の伝説『月と太陽の伝説』や伝説に登場するシヤカナローの花について紹介していきますね。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

天国と地獄|奄美大島の伝説とは?

奄美大島付近では。多くの言い伝え・伝説が残っているそうです。

『天国と地獄』の元になったとされる『月と太陽の伝説』もその1つで、奄美大島の横の喜界島などで伝わっているお話でした。

真昼の間中、空に上っている太陽ですが、ほんとうはそれが夜の月であるべきで、反対に夜の月は昼間の太陽であるべきでした。

ある夜のこと、太陽と月は2人で寝ていました。

今宵、どちらかのお腹の上にシヤカナローの花が咲いたら、咲いたほうが昼の太陽になり、咲かなかったほうが夜の月になることにしようと約束しました。

すると、シヤカナローの花が月のお腹の上に咲いたのでした。

先に目覚めてそれを見た太陽は自分が昼の太陽になりたいものですから、こっそりと自分のお腹に花を植え替えてしまったそうです。

それからというもの、太陽は昼に、月は夜に出ることになりました。

太陽はいけないことをしたために、それ以来、誰もまともに見られない姿になってしまいました。

そして月は、いつまでもずっと見ていられる美しい姿をしている、そういうわけなのだそうです。

<参考文献:『鹿児島県喜界島昔話集』>

 

要約すると・・・

  • 太陽は月からシヤカナローの花を盗んで自分のものにして、昼に出る太陽となった。
  • 一方、シヤカナローの花を太陽に盗まれた月は、本来なら昼間に出るはすだったのに、夜に輝く月になった。
  • しかし、太陽は盗みを働いたので、眩しすぎて誰にも見てもらえない姿になってしまった

 

太陽が悪いことをしたということなので、太陽が殺人を犯した『日高陽斗』で、月が『望月彩子』ということになりそうですね。

「月と太陽の役割が入れ替わってしまった=刑事と殺人鬼の役割が入れ替わってしまった」ということなのでしょう。

その上、『望月彩子』と『日高陽斗』の場合は性別が違うので、月と太陽より大変なことになってしまっているような気がします。

今後の展開はどうなっていくのでしょうか?

 

シヤカナローの花は実在する?

彩子(演:高橋一生)は、『太陽と月の伝説』で太陽が盗んだ『シヤカナローの花』を見つければ、自分も元に戻れるかもしれないと考えますが、そもそも『シヤカナローの花』は実在するのでしょうか?

調べてみましたが、『シヤカナロー』という花や植物は実在せず、架空の花と言われていました。

文献によっては『シヤカナロー』ではなく『シャカナロー』と記載されているそうなので、シャカ=釈迦と考えれば、お釈迦様に関わる花かも?

奄美大島には珍しい花や植物がたくさんあるし、地元の人固有の呼び方もあるでしょうから、図鑑には出てこないモデルとなる花があるかもしれませんね。

 

シヤカナローの花を、石を包んでいたハンカチに見立てるのかも?なんていう考察もありました。

このハンカチ・布は奄美大島の名産・大島紬のようにもみえるので、いいセン行ってるかも!?

 

天国と地獄|奄美大島の月と太陽の伝説は名前に関係ある?

『天国と地獄』は、奄美大島の『月と太陽の伝説』になぞらえたストーリーということでしたね。

悪いことをした太陽の立場と思われる『日高陽斗』の名前には、太陽の『陽』の字が、一方、『望月彩子』の名前には、『月』の字が使われています。

やはり、この名前と『月と太陽の伝説』は関係あるのでしょうか。

 

 知っていますか?

本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ。

月は太陽に、太陽は月になった。

運命が入れ替わってしまったんですよ。

<引用:天国と地獄公式サイト>

『日高陽斗』は、『望月彩子』に対して言うセリフです。

『日高陽斗』は、この『月と太陽の伝説』を知っています。

第2話で、日高のマンションに警視庁が家宅捜索に入る前に証拠隠滅するために部屋から持ち出した段ボール箱の中に、奄美大島行きの飛行機チケットの半券がありました。

『日高陽斗』は、奄美大島に行ったことがあるということですね。

日高と奄美大島にはどんな関わりがあるのでしょうか。

もしかしたら、日高は彩子と入れ替わるべくして入れ替わったのかもしれません。

  1. 名前に『陽』と『月』が入っている。
  2. 第1話の冒頭で、彩子は奄美大島のようなところで、日高のような人物に殺されそうになる夢を見ている。
  3. 日高が捜査対象になる前に、電車の中で日高と彩子は知り合っている。

以上の3点から、お互いもしくは、日高は彩子のことを知っていたのかもしれませんね。

そして、入れ替わる相手を彩子と決めていたのかもしれません。

彩子が来るとわかっていて、歩道橋で待っていたのかも。

日高の目論見は当たり、彩子と入れ替わることができました。

日高が彩子を狙っていたとしたら、『柄本佑』さん演じる『渡辺陸』も関係してくるのではないでしょうか。

 

Twitterなどでは、『渡辺陸』犯人説も多いようですよ。

確かに1話も2話も所々で、『渡辺陸』が怪しい雰囲気のところがありました。

『柄本佑』さんが演じているというのも、そう思わせる節がありますよね。

どうなっていくのか、楽しみです。

 

天国と地獄|奄美大島の伝説に関する口コミ感想

『望月彩子』と『日高陽斗』以外にも、登場人物の名前が関係している感じがしますね。

あと、多いのは『日高陽斗』は、彩子だけでなく、何ども魂の入れ替わりを経験しているかも?ということです。

彩子との入れ替わりが初めてじゃない?

可能性は多いにありますね。

答えは、奄美大島にありそうです。

 

まとめ

『天国と地獄』の元になった奄美大島の伝説、月と太陽の伝説は2人の名前と関係あるのかなど調べてみました。

調べれば調べるほど、いろんな考察が浮かんできてしまいますね。

そこが、オリジナル脚本の良いところですよね。

原作があるドラマは、ネタバレしていまいますから。

いろんな伏線を考えながら、ドラマを見るのはドラマ鑑賞の醍醐味です。

『天国と地獄』は、奄美大島の伝説をもとに、月と太陽、刑事と殺人鬼、男と女、善と悪を入れ替えたらどうなるか?ということを検証しているのかもしれません。

実際、入れ替わったらどうなるか興味が湧きますね。

でも、ほんとに入れ替わるのはちょっと恐ろしいので、『天国と地獄』にお任せしましょう。

最後まで『天国と地獄|奄美大島の伝説とは?月と太陽は名前に関係ある?』ご覧いただきありがとうございました。