サッカーJリーグ投げ銭いつからでサイトや方法やり方は?ツイッター評判まとめ

Jリーグ投げ銭いつからサイトやり方は?ツイッター評判まとめサッカー

サッカーJリーグ投げ銭いつからサイトやり方は?ツイッター評判まとめについてお伝えしています。

Jリーグで投げ銭システムが導入されるとニュースになっています。

コロナウイルスの問題で試合延期による収益減少、今後試合再開しても以前のような観客動員が難しく、今年度の収益減は確定のJリーグ。

新たな収益構造としてインターネットを通じた『投げ銭』システムが考えられているそうです。

Jリーグ全体や特定のチーム・選手を応援したいけど、試合観戦には行けないファンにとっては嬉しいですね。

Jリーグの投げ銭システムはいつから始まって、どうやって参加するのでしょうか?

どこのサイトで視聴・投げ銭できるのか・投げ銭サイトの視聴方法やり方や値段について調べてみました。

 

Jリーグ投げ銭いつからサイトやり方は?

投げ銭と言えば『SHOWROOM(ショールーム)』『17Live(イチナナライブ)』や『YouTubeのスパチャ(Super Chat)』が有名ですが、サッカーJリーグの投げ銭サイトはどこになるのでしょうか?

 村井満チェアマン(60)は4月22日の会見で「最近は投げ銭という、バーチャルの試合環境でもいいプレーに関して、お客様が支援できるようなデジタル上の環境が整っているようです。新しいチャレンジには積極果敢にアイデアを出していく」と検討することを明かしていた。関係者によると今月中には仲介企業の選定を終え、早期の運用開始を目指す方針だという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-05180212-sph-socc

サッカーJリーグの投げ銭システムは、まだ決定したわけではなく検討段階のようです。

Jリーグの投げ銭システムがどのサイトやアプリを使って、いつから始まるのか?その仕組みや方法については、まだ決まっていません。

ですが、報道によれば村井満チェアマン(Jリーグ理事長)は肯定的でやる気だし、5月中には仲介企業を決定し早期の運用開始を目指すようです。

この”仲介企業”というのが投げ銭を実行するための視聴サイト・投げ銭サイトのことかと思われます。

まだまだ前段階で、投げ銭サイトの提案決定を行うための仲介業者かもしれませんが・・・。

Jリーグの再開予定がいつになるか5月30日前後に公表されるそうなので、その時に投げ銭システムについて新しい情報が公開されるかもしれませんね。

分かり次第、追記してご紹介します。

 

【追記】投げ銭導入のニュースが出た翌日には、否定ニュースがでました。

村井チェアマンは「Jリーグとして何か具体的に投げ銭システムに関して機関決定や導入を判断しているものではない」と完全に否定。導入に向けた話し合いがされていることもないとした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00374837-usoccer-socc

サッカーJリーグでの投げ銭導入はまだまだ先、来シーズン以降かもしれませんね。

5月29日の会見でJ1が7月4日に開幕することが発表されましたが、投げ銭については言及されませんでした。

 

鹿島が実施した投げ銭サイト・方法

2020年5月16日に、鹿島が投げ銭システムを導入していたそうですが、どんな仕組みだったのでしょうか?

Jリーグが採用する投げ銭システムと、鹿島の実施した投げ銭システムが同じとは限りませんが、鹿島の投げ銭の仕組みをご紹介します。

鹿島の投げ銭企画は『Player!』というスポーツエンタメアプリ上で行われました。

リアルタイムの試合ではなく、過去の試合がJリーグ公式YouTubeとNHKのBSで放送される中継時間にあわせて、約5時間、試合実況トークライブ「鹿ライブ」を実施しました。

『Player!』上でJリーグ試合は放送されず、視聴者は別画面でYouTubeやBSで放送される試合を観戦しながら、『Player!』でトークライブを聞き、支援したい!と思ったら投げ銭する方法です。

スマホ1つでは楽しめないのが、ちょっと面倒なような・・・。

投げ銭の料金は500円からで、自分で金額を決めて投げ銭できます。

決済方法は、クレジットカードによる引き落とし。

投げ銭を送るときにはメッセージを添えることができます。

5月16日のイベントの支援者数や支援額は非公表ですが、アプリ内のコメント欄には「ジーコのFKがすごすぎて投げ銭しました」などといった投稿が並んでいました。

投げ銭すると、『サポートありがとうございました!』という感謝メッセージや支援者特典としてジーコ氏&小笠原満男氏のデジタルサイン入り限定フォトのダウンロードURLがもらえたようです。

アプリのダウンロードから投げ銭を実行するまで3分もあれば完了する手軽さです。

MEMO

500円以上は高すぎる!という声も多くありますが、あくまでも5月16日に鹿島が実施した投げ銭方法であって、Jリーグはまだ何も決定していません。

 

Jリーグ投げ銭へのツイッターの反応

サッカーJリーグが投げ銭システムを導入することについて、ツイッターでは、賛成/肯定的な意見・微妙/否定的な意見、いろいろな意見がありました。

肯定的な意見

微妙・否定的な意見

個人的な疑問・感想

以下は、サッカーJリーグの投げ銭システム導入に対する、私の個人的な疑問と感想です。

  • 鹿島の投げ銭スタイルは、鹿島が運営だから投げ銭すれば鹿島にお金が入るのは明かだし、YouTuberや17Liveライバーを支援しているのはハッキリしているけれど、Jリーグのサッカー試合に投げ銭って、お金は誰にどのように入るのか?
  • 投げ銭する時に、どっちのチームに投げ銭するか、誰に投げ銭するかなどを明確に示すことができるの?
  • 投げ銭で得た収益は、どのように分配される?
  • 試合ごとに誰にいくら投げ銭があったか分かり、投げ銭が本人の収益になる場合、選手が投げ銭狙いのプレーに走らないか?
  • YouTuberや17Liveなら投げ銭があれば反応してくれるので投げ銭する人が多いなか、サッカー試合だと投げ銭の都度反応してくれることはないだろうけれど、投げ銭は集まるのか?
  • 投げ銭した人に非売品プレゼント(画像ダウンロードや特別音声など)など何かあった方が良いような・・・。

 

 

まとめ

サッカーJリーグ投げ銭いつからでサイトや方法やり方は?ツイッター評判まとめ!をお伝えしました。

2020年5月下旬時点では、サッカーJリーグで投げ銭システムが実行されるかどうかは検討段階のようで、まだハッキリとしたことは決まっていませんでした。

法的整備含めて課題はたくさんあるようですが、デマという訳でもなく、近い将来、もしかすると来シーズンには投げ銭が導入されるかもしれません。

個人的に疑問も多くありますが、全てクリアになって、投げ銭で公正に応援チームや応援選手にお金を落とすことができれば最高ですよね!

サッカーJリーグが、スポーツ業界に投げ銭システム導入の突破口を見いだしてくれることを楽しみにしています。

サッカーJリーグの投げ銭システム導入がいつからで、サイトや方法やり方などが判明次第、改めてご紹介させていただきます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました★