小学校の給食エプロン白衣にアイロン不要?洗い忘れたらどうなる?

小学校の給食エプロン白衣にアイロン不要?洗い忘れたらどうなる?

小学校の給食当番は、学校で用意された給食エプロン(白衣・給食着)と帽子を着用し、週末に各家庭に持ち帰り洗濯し、休み明けに学校に持って行くのが一般的です。

その際、洗濯することに異存はないけど、アイロンかける必要あるの?不要でもいいのでは?と疑問に思うご家庭も多いのではないでしょうか?

私もアイロン面倒臭いな~と思っていました。

そこで、小学校の給食エプロン(白衣・給食着)はアイロンが必要なのか?アイロン不要な小学校もあることや、もしも洗い忘れたらどうなるのか?についてまとめています。

小学校の給食エプロン白衣・帽子にアイロン不要?かける理由とアイロン不要の学校。

小学校の給食エプロン・帽子にアイロンかける理由は?

毎日ワイシャツなどにアイロンを掛けている家庭は問題ないのかもしれませんが、普段アイロン不要の生活をしている家庭にとっては、給食エプロン・帽子のためだけにアイロンを出してくるのは結構負担です。

頑張ってアイロンをかけたところで、子供が着用して片付けると、1回でくしゃくしゃになってるのに・・・。

干し方を工夫したり、手アイロンだけできれいになるノーアイロンの素材の給食エプロンにして欲しいと言う要望をネット上でもよく見かけます。

ですが、実は見た目を綺麗にするためだけでなく、給食エプロン・帽子にアイロンをかけるのはキチンとした理由があります。

  • 殺菌・滅菌・消毒のため
  • アタマジラミを滅菌処理するため

小学校によっては、この理由を明記してくれています。

また、学校からの借り物であること、自分以外のクラスメイトも使う物であることを考えると、子供への教育上も「借りた物は大事にする、綺麗にして返す」という姿を見せることも大切ですね。

自分の子供だけが使う給食エプロンなら、アイロンしようがしまいが家庭の考え方次第です。

ですが、次に使う児童のことを考えれば、きちんとアイロンを掛けて、清潔で綺麗な状態で返却したいですね。

私は、アイロンを掛けていないせいで、周りから何か言われて、我が子が嫌な想いをするかも・・・と考え、面倒でもアイロンを掛けていました(^^;

給食エプロンがアイロン不要(ノーアイロン)の小学校もある

小学校によっては、「給食エプロンはノーアイロン(アイロン不要)でお願いします。」と指定される場合があります。

給食エプロンの生地の問題で、アイロンをかけると「生地が溶けてしまう」そうです。

私の子供が通う小学校では、最初は白衣でアイロンをするように言われていましたが、途中から給食エプロンが黄色に変わり、アイロン不要になりました。

殺菌消毒の役目はどうなったの?という疑問もありますが、堂々とアイロンしなくて良くなったので、とても楽です。

小学校の給食エプロン白衣を洗い忘れたらどうなる?

子供が給食エプロンを持ち帰るのを忘れたり、ランドセルから給食エプロンを出さずに何も言わないと、親は給食エプロンの洗濯なんてなかなか気付かないですよね。

もし、給食エプロンを洗い忘れたらどうなるのでしょうか?

ほとんどの小学校では、予備の給食エプロンが用意されているので、とりあえずはなんとかなります。

ただ、小学校によっては、次の子が2つの給食エプロンを洗わないといけない仕組みになっているので、注意が必要です。

例えば、月曜日に給食エプロンを持って行かないといけないのに、洗い忘れたり普通に持って行くのを忘れ、火曜日に洗濯した給食エプロンを持って行った場合。

 

月曜日にその給食エプロンを着用するハズだった児童は、予備の給食エプロンを使います。

そのまま金曜日まで予備の給食エプロンを使えば良いと思うのですが、なぜか火曜日には、本来の給食エプロンを着用させられます。

その結果、次の児童は週末に、本来の給食エプロンと予備の給食エプロン、2つの給食エプロンを持ち帰り洗濯させられるそうです。

 

次の子には何一つ落ち度はないのに、この仕打ち・・・その子の親は納得いかないと思います。

忘れた方としても、申し訳ないので、自分の子がもう一度持ち帰って欲しいけど、そうもいかないようです。

予備があるとはいえ、次の子への迷惑も考え、持ち帰り忘れや出し忘れ忘れないように子供ともキチンと話しておきましょう。

もしも月曜の朝に気付いたなら、急いで洗濯して、ドライヤーやアイロンや乾燥機で乾かして昼休みに持って行くこともできるはずなので、頑張ってみてください。

小学校の給食エプロン白衣の洗濯・アイロンについてまとめ

小学校の給食エプロンのアイロンは、消毒殺菌やアタマジラミ滅菌処理のためや、借り物に対する一般常識を子供に教えることも兼ねて必要な作業でした。

面倒ではありますが、子供達のために頑張りましょう。

ただ、学校によっては、アイロン不要のノーアイロン給食エプロンを採用しているので、小学校からの指示に従うようにしてください。

給食エプロンの洗濯も忘れないように、親子共に気をつけましょう。

子供達が気持ちよく給食時間を過ごせるように、親としてできる事はしてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です