ルネマグリット王様の美術館2021どこで展示?横浜美術館トライアローグの予約方法!

ルネマグリット王様の美術館2021どこで展示?横浜美術館トライアローグの予約方法!

Pocket

今回は、『ルネマグリット王様の美術館2021どこで展示?横浜美術館トライアローグの予約方法!』について、お伝えします。

20世紀ベルギーを中心に活躍した画家ルネマグリットの『王様の美術館』は2021年2月末まで横浜美術館で展示されています。

独特の世界観で鑑賞者に不思議な驚きを与えてくれるルネマグリットの作品群ですが、その中でも『王様の美術館』とは、どのような作品なのでしょうか?

また、2021年横浜美術館のトライアローグ展は入場に予約が必要になっています。

そこで、横浜美術館の予約方法をまとめてみました。

是非最後までご覧ください。

 

ルネマグリット『王様の美術館』2021年どこで展示?

ルネマグリットの『王様の美術館』は、2021年2月末まで横浜美術館のトライアローグ展で展示されています。

  • トライアローグ展:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
  • 会場:横浜美術館
  • 会期:2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
  • 開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
  • 休館日:木曜日(2021年2月11日を除く)、2月12日(金)

横浜美術館は2021年3月1日(月)から大規模改修工事により約2年間の長期休館に入ることになっています。

2023年度中のリニューアルオープン(予定)を目指しているそうです。

なので、このトライアローグ展終了後、『王様の美術館』はどこか別の美術館で展示されるかもしれません。

上のTwitterには、(愛知県美術館、富山県美術館への巡回予定有)と記載があるので、愛知や富山で見ることができるかもしれません。

調べてみましたが、はっきりとした情報は分かりませんでしたので、分かり次第、お知らせしたいと思います。

横浜美術館の住所
  • 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
  • TEL:045-221-0300(代表)

 

ルネ・マグリット『王様の美術館』とは?

『王様の美術館』は、画家ルネマグリットの油彩画です。

山高帽を被った男性の体の中に連なる山々と赤い屋根の建物。

ルネマグリットらしい山高帽・鈴・空が描かれていますが、なんとも様々な謎に満ち、鑑賞者の想像を掻き立てる作品となっています。

見る人によって、いろいろなイメージが湧くのではないかと思います。

ルネマグリットの作品は、考えさせられるものが多く、不思議でたのしいので、好きな方も多いですよね。

どんな思いで描かれたのでしょうね。

 

ルネマグリット『王様の美術館』横浜美術館トライアローグの予約方法!

ルネマグリットの『王様の美術館』も展示されている、横浜美術館『トライアローグ展』を観覧するには、予約が必要となっています。

その予約方法を見てみましょう。

  1. 横浜美術館の拝観予約ページ
  2. 来場日時を選ぶ
  3. チケット枚数を選ぶ
  4. 支払方法・受け取り方法を確認する
  5. メールアドレスや氏名・住所などのお客様情報を入力する
  6. 支払方法をクレジット・d払いから選択し、情報を入力する
  7. スマホ入場か自宅発券を選択する(手数料無料)

オンライン日時指定予約では、割引の取り扱いはありません。

各種割引をご利用の場合は、横浜美術館券売所にて購入しましょう。

横浜美術館で直接購入・予約する場合は、連絡先記入用紙に記入が必要となります。

なお、連絡先記入用紙は事前にダウンロードして持参することもできます。

連絡先記入用紙(PDF)

 

横浜美術館トライアローグとは?

横浜美術館で開催されている『トライアローグ展』とは、どんな企画展なのでしょうか?

この企画展は、横浜美術館と愛知県美術館・富山県美術館が共同し、3館のコレクションを集めて、20世紀西洋美術の歴史を振り返るものとなっています。

絵画を中心に約70人の作家による約180点の作品が展示されています。

タイトルの『トライアローグ』とは、3者による話し合いを意味しているそうです。

横浜・愛知・富山の各館の学芸員の方々が長い間話し合いを続けて、この企画展を作り上げていかれたんですね。

それぞれの美術館のコレクションにより、充実したラインナップを楽しむことのできる企画展になっています。

 

ルネマグリット『王様の美術館』の口コミ感想

横浜美術館では事前予約制の導入で、密にならずに拝観可能となっています。

適度な説明により、絵画初心者でも楽しめそうですね。

また、その内容の素晴らしさから他の美術館でも巡回展示がないのかと希望されている方もいました。

 

まとめ

今回は、ルネマグリットの『王様の美術館』について、2021年はどこで展示しているのか?

また、横浜美術館で開催中の『トライアローグ展』について予約方法などを紹介いたしました。

不思議な絵画で魅力的なルネマグリットやその他多くの20世紀を代表する画家の作品が3館のコレクションを通して、幅広くまた奥深く楽しめる『トライアローグ展』。

お気に入りの作品を見つけてみてはいかがでしょうか。

最後まで、『ルネマグリット王様の美術館2021どこで展示?横浜美術館トライアローグの予約方法!』をご覧いただき、ありがとうございました。