パラサイト韓国映画の試写会・舞台挨拶の感想や監督ポンジュノと吉沢亮のコメントを紹介|アカデミー賞

パラサイト韓国映画の試写会・舞台挨拶の感想は?監督ポンジュノと吉沢亮のコメントも話題!

Pocket

カンヌ国際映画祭で審査員満場一致で最高賞「パルムドール」を受賞した韓国映画『パラサイト半地下の家族』、アカデミー賞最有力候補ともいわれていて凄い人気です!

日本では2020年1月10日全国公開ですが、公開に先駆けて、試写会や舞台挨拶が行われていました。

舞台挨拶にはポン・ジュノ監督と主演ソン・ガンホが登場。

吉沢亮もスペシャルゲストで登場し、ポンジュノ監督とのコメントも話題になっています。

試写会や舞台挨拶を観た人たちはどんな感想だったのでしょうか?

今回は、韓国映画『パラサイト半地下の家族』の試写会・舞台挨拶の感想や、監督ポンジュノと吉沢亮のコメントをご紹介します。

 

パラサイト(韓国映画)試写会・舞台挨拶の感想は?

韓国映画『パラサイト半地下の家族』の舞台挨拶にはポン・ジュノ監督と主演ソン・ガンホが登場しましたが、日本最速試写会でも特別シークレットゲストとしてポン・ジュノ監督が登場して、会場は大興奮だったようです。

試写会では「ネタバレ厳禁」という注意書きや監督からの手紙が渡されていたり、ポン・ジュノ監督やソン・ガンホが登場した時にも直接「絶対ネタバレしないでください」と言われています。

これだけネタバレ禁止を呼びかけられたこともあって、試写会や舞台挨拶を観た人達はネタバレすること無く感想を伝えています。

ですが、何を言ってもネタバレになるような気がして、何も言えない・・・という感想がとても多く上がっていました。

  • とにかく凄かった。
  • 本当に面白かった。
  • 絶対に観るべき!
  • 結末を知った上でもう一度見たい。

このように絶賛する感想ばかりで、「大したことなかった・つまらない」などという感想は全く見当たりませんでした。

 

 

試写会・舞台挨拶の劇場と日時は?

韓国映画『パラサイト半地下の家族』の試写会や舞台挨拶がいつどこの劇場で行われたのかも調べてみました。

日本最速試写会

【日時】2019年11月7日(木)18:30開場/19:00開映《上映時間:132分》

【場所】ユーロライブ試写室(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)

◎上映後、ポン・ジュノ監督サプライズ登場!(20:55~21:30)

周囲へのネタバレ禁止の依頼と共に、パラサイトの構想やパルムドール受賞の瞬間、これから映画を見る観客へ向けたメッセージなど、貴重な話が聞けたそうです。

テレビ東京提供試写会

【日時】2019年12月12日(木) 19:00開始

【場所】スペースFS汐留

【応募人数】75組150名

舞台挨拶付プレミア上映

【日時】2019年12月27日(金)

①14:00の回:上映後舞台挨拶

②17:30の回:上映前舞台挨拶

【劇場】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

◎【登壇者】ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ

2人揃っての来日は『グエムル 漢江の怪物』以来13年ぶりで、ファンには夢のような空間だったようです。

この記事を書いている時点で全国公開がスタートし、試写会が終了しているため、これまでいつどこで何回試写会が開催されたのか、上記試写会以外は明瞭な情報が分かりませんでした。※終了したイベントなので混乱を避けるため、詳細情報を削除しているサイトが多いため。

 

試写会・舞台挨拶のチケットを手に入れる方法は?

こんな貴重な試写会や舞台挨拶に参加できた人は、どうやってその権利を得たのでしょうか?

まず、舞台挨拶は「舞台挨拶付プレミア上映」の一部なのでチケットを購入すれば鑑賞できます。

MEMO

「舞台挨拶付プレミア上映」のチケットは、指定席:2,100円・プレミアボックスシート:3,100円・プレミアラグジュアリーシート:5,100円(+手数料)で、ローチケで販売されていました。

試写会は、マスコミ関係が招待される他は、主催関連企業での試写会プレゼントに応募し当選する必要があります。

募集ページが閉じているので詳細は分かりませんが、日本最速試写会はTwitter経由での応募申込み、テレビ東京提供試写会はテレ東HPからなど様々のようで、当選人数は少なく倍率が高そうでした。

試写会に招待されたというTwitter投稿もあり、色々なコネクションのある関係者は自ら応募せずとも試写会が観られたようで羨ましい限りです・・・。

 

パラサイト(韓国映画)監督ポンジュノと吉沢亮の話題コメントとは?


パラサイトの舞台挨拶には、シークレットゲストとして旬な俳優の吉沢亮さんが登場しました。

吉沢亮さんはポンジュノ監督の大ファンと公言しており、自身のカレンダーではポンジュノ作品『母なる証明』のオマージュ写真が入っているそうです。

『パラサイト半地下の家族』の感想では、「絶対観るべき映画。普段映画館に行かない方にこそ、観てもらいたい。」と絶賛していました。

会話の中でポンジュノ監督が「凄い男前だが何歳からイケメンだと気付いたの?」と聞くと即座に「小学5年生です」と答え、「なぜ小学4年生まで気付かなかったの?本当にイケメンだよ」と顔を褒めちぎるコメントがあり、テレビでも話題になっていました。

他にも、行定勲監督の『リバーズ・エッジ』で吉沢亮の演技を見たことがあるという話題で、MCが「いつかご一緒とか?」と振ると、吉沢亮はすぐに「いやーっ、お願いします!夢のような日がくれば嬉しいです。」と深々とお辞儀していたことが話題になっていました。

ただ、肝心の『パラサイト』の舞台挨拶よりも、吉沢亮の話題がワイドショーなどで大きく取り上げられることもあり、ちょっと腑に落ちない映画ファンもいたようです。

 

パラサイト(韓国映画)試写会・舞台挨拶のまとめ

韓国映画『パラサイト半地下の家族』の試写会・舞台挨拶の感想や、監督ポンジュノと吉沢亮のコメントをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

普通の試写会かと思ったらポンジュノ監督のサプライズ登場があっったり、日本では13年ぶりのポン・ジュノ監督とソン・ガンホのツーショットを見られたり、旬な吉沢亮まで見られたり、と見どころ満載でとても贅沢な試写会・舞台挨拶だったようですね。

映画そのものの感想はネタバレ厳禁もあって、「絶対見て!凄いから!」としか言えないようです。

韓国映画『パラサイト半地下の家族』の試写会・舞台挨拶に参加できた人達はすごくラッキーだし、羨ましいばかりですね。

2020年1月10日から全国公開されているので、気になっている方は劇場で『パラサイト』を堪能してください!

>>映画館の前にポンジュノ作品を無料でイッキ見する