推しの王子様は韓国ドラマが原作?最終回あらすじネタバレを考察!

推しの王子様は韓国ドラマが原作?最終回あらすじネタバレを考察!

Pocket

今回は、『推しの王子様は韓国ドラマや漫画が原作?』をネタバレしつつお届けいたします。

2021年7月よりフジテレビから放映される予定のドラマ、『推しの王子様』が早くも話題です。

深田恭子が主役を降板したことで、急遽、比嘉愛未が代役として抜擢されたニュースも話題となりました。

深キョンは、はまり役だったと思うので残念ですが、比嘉さんの活躍にも期待です。

ドラマが話題となると同時に、『推しの王子様』の原作は韓国ドラマや漫画なのではないかという気になる噂もでてきました。

原作があるならドラマの前にぜひ見ておきたいですね。

公式発表のあらすじを確認しましたが放映前から最終回が気になるストーリーです。

原作はあるのか?あらすじは?ネタバレや最終回の予想など調べてみましたのでご覧ください。

 

推しの王子様は韓国ドラマや漫画が原作?

最近は韓国ドラマや漫画を原作とした実写ドラマが多いですが、推しの王子様にも原作があるのでしょうか?

フジテレビの公式ページで確認してみると、『推しの王子様』はオリジナル脚本のドラマで原作はありませんでした!

フジテレビ木曜劇場での放映が決まっています。

同枠で1月期に放映された知ってるワイフの制作陣が再結集して臨むとのこと。

脚本は、阿相クミコさんと伊達さんです。

阿相クミコさんと言えば『マルモのおきて』、『ワカコ酒』、『マリーミー!』といったヒット作メーカーです。

比嘉さんはマルモのおきてにも出演していましたね。

阿相さんと相性抜群かもしれません。

また、演劇コントユニット「大人のカフェ」のメンバーでもある伊達さんは、日ごろは演じながら、時に脚本家として『おじさまと猫』、『知ってるワイフ』『知ってるシノハラ』、『ボーダレス』などこちらも話題作を次々と手がけています。

演じながら脚本も書いてしまう、才能の豊かさを感じます。

このお二人のタッグともなれば、ドラマ開始前から話題となるのも頷けます。

それでは、どんなストーリーなのかあらすじを見ていきましょう。

 

あらすじ

推しの王子様のストーリーは、ベンチャー企業の社長である日高泉美(ひだかいずみ/比嘉愛未)が、五十嵐航(いがらしわたる/渡邊圭祐)を理想の王子様に育てるため奮闘する日々を描いていくものです。

日高泉美が経営する会社は、乙女ゲームを手掛けるペガサス・インク。

社長の日高泉美は、4年前に起業し、最初にリリースした乙女ゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が異例の大ヒットを記録しました。

このゲームは、外見から内面まですべてが理想の推しと恋に落ちることができるゲームで、泉美は新進気鋭の起業家として注目をあびることになりましたが、次回作の制作には苦戦しています。

ある晩、日頃の疲れからつい飲み過ぎてしまった泉美ですが、帰り道で突然一人の男性が文字通り空から降ってきました。

それは、借金取りから逃げるため、歩道橋から飛び降りた五十嵐航でした。

航は、借金取りから隠れるため、とっさに泉美を抱きしめます。

航の容姿は、なんと大ヒットしたゲームの推しにそっくり。

泉美にとってはまさに理想の王子様です。

けれど、理想通りなのは容姿だけ、航は無作法で無教養で無気力で、おまけにこれまで一度も人を好きになったことが無い、残念な王子様でした。

大いにがっかりする泉美ですが、航を理想の王子様に育てることを決意し、自身の会社ペガサス・インクで雇うことにします。

残念過ぎるが故に、育てがいがあるということでしょうか。

残念な王子様であった航が磨けば光る原石のように成長していくところも見どころです。

ロマンティックコメディでありながら、働くこととは?好きなものとは?を問いかける作品となっています。

そして何といってもストーリーを盛り上げるに違いないのは、ディーン・フジオカが演じる副社長の三井倫久(みついともひさ)の存在でしょう。

三井は、泉美に想いをよせつつもその想いを口に出せずにいます。

ペガサス・インクは無事に次回作を生み出すことができるのか。

泉美がペガサス・インクを起ち上げるきっかけとなった三井と、泉美が理想の王子様に育て上げようと奮闘する航との三角関係も気になります。

ところで、比嘉愛未の相手役となる渡邊圭祐とはどんな俳優なのでしょう。

 

渡邊圭祐とは

モデル出身、仮面ライダージオウでウォズ役としてデビューして以来の人気俳優。

「新鮮な俳優を探していましたところ、日々進化していく姿に魅せられました」とは、制作陣の言葉です。

まさに今回大抜擢の俳優ですが、どんな推しの王子様に成長するのか見ものです。

ところで、最終回予想があちこちでされていますね。

どんな最終回になるとおもいますか?

私もちょっと予想してみました。

 

推しの王子様の最終回あらすじネタバレを考察!

『推しの王子様』の最終回はずばり、ゲーム次回作の大ヒットと光井の恋の成就と予想します。

マイフェアレイディのピカリング大佐からヒントを得たという光井倫久というキャラクターは、きっとドラマに幾つもの華を持たせてくれることでしょう。

泉美は航を育てることに必死で、おそらく光井の想いには気づいていないかもしれません。

一方で航は光井の想いに気付いていることでしょう。

そんな航と光井が、泉美のためにタッグを組みます。

三角関係の二人が協力することでめでたく次回作のゲームは大ヒット。

そして光井の恋の成就、となるのかどうか。

起業以前から泉美の才能を引き出してきた光井の恋を、応援したいと思います。

 

まとめ

『推しの王子様は韓国ドラマや漫画が原作?』をネタバレしつつあらすじを交えてお届けしました。

『推しの王子様』に原作はあるのか、韓国のドラマが原作なのでは?漫画が原作なのでは?といった様々なうわさがありますが、脚本は、阿相クミコさんと伊達さんのお二人のオリジナルでした。

原作が無いオリジナルで、しかもこのお二人の脚本と聞くとますますテンションがあがりますね。

ネタバレしている第一回放映のあらすじを見るだけでも最終回までが気になる内容となっています。

深田恭子の演技が見られなかったのは残念ですが、また元気な姿を見せてほしいですね。

急遽代打が決定した比嘉愛未、大抜擢の渡邊圭祐、ゲームプログラマーという役柄が案外はまり役なのではないかと思うディーン・フジオカ等注目の俳優陣の演技にも注目したいです。

残念な王子がどんな素敵な推しの王子様に成長するのか楽しみですね。

ネット上ではあちこちで最終回予想がされていますね。

ゲームの次回作も無事に発表できるのでしょうか。

あらすじを読むだけで続きが楽しみで仕方がありません。

個人的には光井の恋を応援しながら楽しみたいと思います。

『推しの王子様は韓国ドラマや漫画が原作?』を最後までお読みいただきありがとうございました。