野中生萌の握力や腕の筋肉すごい!腹筋やトレーニング方法も紹介!

野中生萌の握力や腕の筋肉すごい!腹筋やトレーニング方法も紹介!

Pocket

今回は、野中生萌の握力や腕の筋肉すごい!腹筋やトレーニング方法も紹介!をお届けしたいと思います。

スポーツクライミング・ボルダリング日本代表の野中生萌(のなかみほう)選手といえば、握力や腕の筋肉がすごいですよね!

野中生萌選手の鍛え上げられた腕や背中の筋肉は思わず見入ってしまうほどです。

一体日々どんなトレーニングをするとあの美しいスタイルが出来上がるのでしょう。

無駄な脂肪のない腹筋も素敵ですよね。

クライミングをする時には、軽々と、そしてダイナミックに上りつめていく野中生萌選手ですが、握力はや背筋力はどのくらいあるのでしょうか。

野中生萌選手の美しい筋肉の秘密が気になったので調べてみました。

 

野中生萌の握力や背筋力の数値はいくら?

野中生萌(のなかみほう)選手の握力や背筋力の数値はいくらなのでしょう。

野中生萌選手の握力や背筋力がどのくらいあるかなかなか想像ができませんね。

2020年11月、都内で行われたオンラインでのファンとの交流会では握力と筋力の測定も行われました。

そこではなんと、握力が42.7キロを記録しました。

スポーツ庁が発表している日本人の平均的20代前半の男性の握力が45.84キロだそうです。

ほぼ男性並みの握力にあたりますね。

そして気になる背筋力は、130.5キロを記録。

こちらも20代から30代の男性で140~150キロ程度とされるので、やはり男性並みの背筋力をお持ちです。

ちなみに同年代の女性の平均は85キロ程度というのですごさが伝わるでしょうか。

これだけの握力や背筋力を鍛えるのは並大抵のことではありませんね。

いったいどのようなトレーニングをしているのでしょうか。

 

野中生萌の腕の筋肉や腹筋が凄い!

こちらの画像では、野中生萌(のなかみほう)選手の美しい腕の筋肉が惜しげもなく映っています。

野中生萌選手の腕の筋肉や無駄のない腹筋、本当にきれいです。

日本人選手は細マッチョな選手が多い中、野中生萌選手のような肩幅がしっかりあって彫りの深い筋肉を持っている選手はあまり多くありません。

どんなトレーニングを積んだら女性でもあのきれいな肩の筋肉が出来上がるのかと思いましたが、広背筋強化のためには、ウェイトや器具を使って鍛えたことは一度もないそうです。

びっくりですね。

「クライミングは重力に逆らうスポーツなので、それが体脂肪であれ筋肉であれ、重すぎるのはよくないので、広背筋に関しては壁を登るなかで培いました。」

とは、インタビューでの野中生萌選手の言葉。

日々のトレーニングの中で培ったものと、さらりと述べていますが、人一倍練習を積んでいると言われる野中生萌選手のことですから、きっと毎日の積み重ねが人一倍多いのでしょう。

では、まったく特別な筋トレやトレーニングをしていないのかというとそういうわけではないようです。

どんなトレーニングをしているのでしょうか。

野中生萌選手のトレーニング方法について調べてみました。

 

野中生萌の筋トレやトレーニング方法を紹介!

東京オリンピックに向けて筋トレの量を増やしているという野中生萌(のなかみほう)選手。

具体的には、フローインという体幹を鍛えるトレーニング器具を使用しているそうです。

これはサッカーの長友選手をはじめアスリートが愛用するトレーニングだそう。

ちなみにダイエットや健康維持にも使えるとのことで愛用している一般の方も多いそうです。

以前から体幹と柔軟性が大切、と述べている野中生萌選手。

確かに、命綱無しにクライミングするのですから、腕の力やその他の筋力だけではなくバランスはとても重要なのでしょう。

そんなバランスと体幹を鍛えて不安定な姿勢に耐えるための筋力を強化するために使用しているのがフローインというトレーニングギアだそう。

 

野中生萌のフローイントレーニングとは

野中生萌選手が、フローインをどんな風に使っているのかが垣間見えるYouTubeはこちら。

ぱっと見はただのゴム製のシートのようなものに見えますが、自分の体重とシートの摩擦を利用することで負荷をかけてトレーニングができるのだとか。

スウェーデンではリハビリ器具としても普及しているそうです。

畳1畳ほどのスペースでトレーニングができるとのことですから、これを使ったら野中生萌選手のように美しい無駄のないスタイルになれるのではないかとつい期待が膨らみます。

とにかく練習熱心でオフの時でも練習を続けるという野中生萌選手。

そんな毎日の努力があの美しい筋肉を作っているのですね。

 

まとめ

今回は、野中生萌(のなかみほう)の握力や腕の筋肉すごい!腹筋やトレーニング方法も紹介!をお届けいたしました。

野中生萌選手の握力は、ほぼ男性並みの42.7キロ、背筋も同じく男性並みの130.5キロを記録していました。

それほどの筋力を維持するために何か特別なトレーニングをしているのかと思いましたが、特別なトレーニングはしていないそう。

日々のクライミングの積み重ねで腕の筋肉や腹筋を維持しているというのですから本当にすごいですね。

クライミングといえば、筋力だけで上っているようにも見えてしまいますが、大切なのは不安定な姿勢に耐えられる体幹と柔軟性だそう。

野中生萌選手は、現在東京オリンピックに向けて、クライミング中の不安定な姿勢に耐えるための筋肉を強化しているところだそう。

体幹を鍛えれば野中生萌選手のような素敵なスタイルになれるかもしれません。

野中生萌選手が使用しているフローインという体幹を鍛えるトレーニングギアも気になりますね。

野中生萌選手が使用しているということですが、大掛かりなものではなくちょっとしたスペースで使えるのも魅力です。

アスリート選手だけでなく、一般の人もダイエットや健康維持に使われているグッズということですから使っているうちに野中生萌選手のような無駄のない筋肉になれるかもしれないと期待が持てますね。

人一倍練習を積んでいるという野中生萌選手ですが、オリンピックでどんなクライミングを見せてくれるのかとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。