わたナギキャスト相関図と製薬会社メンバーを実年齢と画像付で紹介!

私の家政婦ナギサさん相関図キャスト一覧と年齢画像まとめ!おじさん家政夫ドラマ

今回は、わたナギキャスト相関図と製薬会社メンバーを実年齢と画像付で紹介!をお届けします。

2020年4月スタートのTBS火曜ドラマは『私の家政夫ナギサさん』(わたナギ)です。

原作は、四ツ原フリコさんの「コミックシーモア」オリジナルコミック「家政夫のナギサさん」。

「バリバリのキャリアウーマン」と「おじさん家政婦」という今までにない組み合わせですが、どんなドラマになるのでしょうか?

個性的な登場人物を演じるキャスト・相関図・年齢が気になります!

そこでこのサイトでは『私の家政婦ナギサさん』(わたナギ)の相関図キャスト一覧と年齢、メイが働く天保山製薬会社のキャストを紹介していきますので、是非最後までご覧ください★

おじさん家政婦なので、正式名称は『家政婦』ではなく『家政夫』(『婦』⇒『夫』)です。

 

わたナギキャスト相関図

私の家政婦ナギサさん相関図キャスト一覧と年齢画像まとめ製薬会社

(相関図:TBS『私の家政夫ナギサさん』公式HPより)

私の家政夫ナギサさん(わたナギ)の相関図を見てみると、製薬会社メンバーが多いですね。

職場内での話が多いのかな?とも思いますが、基本は家政婦ナギサさんだろうし、相関図からは田所さんが気になりますね★

 

わたナギ主要キャスト一覧を実年齢と画像付で紹介

相原メイ(年齢28):多部未華子

多部未華子演じる主人公の相原メイは、仕事重視の生活を送るアラサー女子。

男性でもキツイと言われる製薬会社の営業職(MR:メディカル・レプリゼンタティブ)で、入社以来3年連続で営業成績トップをとるほどのキャリアウーマン。

仕事のために努力は惜しまないが、家事全般は全くできず、部屋は散らかり放題でゴミ屋敷寸前で女子力は底辺。

会社では隙がないので『仕事もプライベートも完璧』と周囲から思われているところがまた悩ましい。

家事や恋愛や婚活もしなければと思ってはいるものの、仕事が忙しくて手が回らない。

家事斡旋サービスで働く妹の計らいで、おじさん家政夫のナギサさんと出会い、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。

 

多部未華子

 

鴫野ナギサ(年齢50):大森南朋

大森南朋が演じる「おじさん家政婦」鴫野ナギサは、50歳にもかかわらず指名率ナンバーワンのプロ家政婦。

料理・掃除・洗濯など家事全般を全て完璧にこなし、依頼者の生活をサポートする家政婦という仕事に誇りを持って働いている。

最初はおじさんに家事されるなんて嫌だと拒否していたメイも、ナギサさんの誠実で安心感のある人柄に心を開いていく。

多忙でいつも疲れているメイにとって、時間と心の余裕をもたらす温かい存在になっていく。

 

大森南朋

 

田所優太(年齢32):瀬戸康史

瀬戸康史演じる田所優太は、メイの勤務する製薬会社「天保山製薬」とはライバル関係の外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。

性格もルックスも完璧、医師や営業先からの信頼が厚く仕事もできる王子様のような存在で、製薬業界内でも超優秀なMRで有名人。

ライバル会社の社員とも垣根なく情報交換する、気さくでフレンドリーな性格。

メイと同じ営業エリアに異動してきたことで、営業先の病院やクリニックでよく会うようになり、オープンな明るい性格でメイと急接近していく。

原作の漫画には出てこない登場人物なので、メイとどんな風に絡んでいくのか楽しみなキャストです。

 

瀬戸康史

 

わたナギキャストの製薬会社メンバーを実年齢と画像付で紹介

私の家政夫ナギサさんで、メイが務める会社(天保山製薬)のキャスト一覧をご紹介します。

このドラマは基本的にみんな良い人で、悪い人がいないような気が・・・。

 

瀬川遙人(年齢23):眞栄田郷敦

眞栄田郷敦が演じる瀬川遙人は、メイの勤務する「天保山製薬横浜支店」に実地研修でやってきた入社1年目の新入社員。

世間知らずの今時の若者で、ことある毎にメイをイライラさせるが、素直で勉強熱心な面もあるので、どこか憎めない、チームの弟わんこ的存在。

 

眞栄田郷敦

 

陶山 薫(年齢28):高橋メアリージュン

高橋メアリージュンが演じる陶山薫は、メイの親友であり同僚。

学術部門という疾患領域と製品のエキスパートをしているため、MRと違って社内にいることが多い。

積極的で裏表のない明るい性格で、イケメン好き。

メイとは対照的に、趣味は美容と合コンで婚活に励んでいる。

 

高橋メアリージュン

 

松平慎也(年齢47):平山祐介

平山祐介が演じる松平慎也は「天保山製薬横浜支店」に長らく勤務するベテラン社員でメイの上司。

面倒見の良い体育会系で、部下からも信頼されている。

「ミスター横浜支店」という異名をもち、天保山製薬の重要エリアである横浜支店の改革に取り組んでいる。

 

平山祐介

 

馬場穣二(年齢43):水澤紳吾

水澤紳吾が演じる馬場穣二は、メイの同僚で同じチームメンバー。

口数が少なくて愛想もないが、安定した営業成績で社内の中堅という立ち位置。

何を考えているか分からず、他人に興味もなさそうだが、じつは周囲をよく見ていて突然必要な情報やアドバイスをくれる。

 

水澤紳吾

 

堀江耕介(年齢32):岡部 大(ハナコ)

ハナコノ岡部大が演じる堀江耕介は、メイの同僚でチームメンバー。

ひょうきん者でイジられキャラ。

営業成績をあげるメイのことを「さすが〜」と冷やかすが、心の中では活躍するメイに焦りを感じている。

 

岡部 大(ハナコ)

 

天馬あかり(年齢25):若月佑美

若月佑美が演じる天馬あかりは、メイの後輩でチームメンバー。

仕事へのやる気はあっても無理はしない、バランス重視型のイマドキ女子。

冷静にチームメンバーを観察しており、先輩であってもメイや堀江に容赦なくツッコミを入れる、物怖じしない性格。

 

若月佑美

 

古藤深雪(年齢48):富田靖子

富田靖子が演じる古藤深雪は、天保山製薬横浜支店の女性支店長。

天保山製薬で重要エリアとされている横浜支店を改革を命じられて異動、支店長に就任したばかり。

オフィスにフリーアドレスを取り入れたり、新しい取り組みにも積極的で、横浜支店の抜本的改革を目指している。

最初は厳しいキャラかと思ったけど、部下の意見もしっかり聞いてくれる。

 

富田靖子

 

まとめ

『私の家政婦ナギサさん』わたナギの相関図とキャスト一覧・メイの務める天保山製薬会社キャストを年齢や画像と一緒にご紹介しました。

原作マンガの登場人物は、キャリアウーマンの主人公メイとおじさん家政夫ナギサさん以外はお母さんと妹くらいしか登場しませんでしたが、ドラマでは、会社メンバーが多くキャストに上がっていました。

1番の原作との違いは瀬戸康史演じる田所優太の存在!

恋愛要素とヒューマンドラマの要素がいっぱい詰まったおもしろいドラマになりそうで、とっても楽しみですね!

『わたナギキャスト相関図と製薬会社メンバーを実年齢と画像付で紹介!』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。