マイナポイントは子供の分も登録できる!お得な決済サービスとやり方も紹介

マイナポイント子供の分は親名義のカード登録できる?決済サービスの特典選び方も紹介

マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付けた『マイナポイント』が始まります。

還元率が25%もあるので、とてもお得ですよね!

マイナポイントは、キャッシュレス決済しないとポイントはもらえないので、大人だけの話かと思っていたら、子供も対象になると知って驚きました。

マイナンバーカードを発行していれば、年齢は関係なく0歳児の赤ちゃんでも対象です。

1人最大5,000円までなので、4人家族なら最大20,000円分のポイントが還元されます。

これは子供の分も含めて家族全員登録しないと損ですね!

そこで気になるのは子供の分のマイナポイント登録方法で、キャッシュレス決済は親と同じものが使えるのか、親名義のカードでも大丈夫なのか?と疑問が出てきます。

マイナポイントを子供の分までフル活用するために気になる点を『マイナポイントは子供の分も親名義カードで登録できる!やり方とお得な決済サービスも紹介』と題してお届けしますので、参考になれば幸いです。

マイナポイント子供の分の決済サービスは親名義でOK!

マイナポイントに年齢制限はないので、0歳児の子供でもマイナンバーカードを作っていれば、対象となります。

マイナポイントの登録方法は大人も子供も同じです。

気になるのは、マイナポイント用のID(マイキーID)を発行した後に登録する決済サービスですよね。

子供の分のマイナンバーカードなのに、決済サービスに親名義のカードを登録できるのか不安になりますが・・・

Q 子どものマイナポイントは誰のキャッシュレス決済サービスで申し込めばよいの?

A 規約上、ご本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与をご本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

参照:総務省マイナポイントHP

子供が未成年の場合は、親名義のキャッシュレス決済サービスを登録する事ができます。

ただし、1つのキャッシュレス決済サービスに、複数のマイナポイントを登録する事はできないので、親が登録したキャッシュレス決済サービスとは異なるカードが必要です。

クレジットカードを複数枚も持っていなくても、マイナポイントのキャッシュレス決済サービスは意外と幅広いので、新しくクレジットカードを作成しなくても手持ちのカードやサービスで子供の分まで登録できそうですよ。

登録したキャッシュレス決済サービスで利用した金額の25%が還元されるので、普段から使いやすい決済サービスを登録するのが大事です。

決済サービスは、一度登録したら後で変更できないので、慎重に検討しておきましょう。

 

マイナポイント対象のキャッシュレス決済サービス

マイナポイントで登録できるキャッシュレス決済サービスは、たくさんありました。

ペイペイや楽天ペイ等のペイ系以外にも、交通系ICカードやWAONやmajica(ドンキ)などもあるのは、予想外で使いやすそうだなと思いました。

独自の特典を付けている決済サービスもあるので、今後の動向が気になります。

イオンの電子マネーWAONなら、マイナポイントに追加で最大2,000円分のポイントが付くのでかなりお得ですね!

電子マネーなら個人情報も少ないし、WAONはチャージだけでポイント対象にもなるので、子供の分の決済に使うの良さそうです。

ただ、最大限のポイント還元を受けるためにも、期間中(2020年9月~2021年3月)に2万円以上使うであろう決済サービスを選びましょう!

マイナポイントHPに掲載されている、6月29日時点におけるキャッシュレス決済サービスの登録状況は以下の通りです。

電子マネー

プリペイドカード

QRコード

クレジットカード

デビットカード

参照:総務省マイナポイントHP

 

マイナポイント子供の分の登録方法

子供の分のマイナポイントの登録方法も、大人の登録方法と同じです。

※登録は大人の登録に使ったのと同じスマホやパソコンで作業できます。

  1. マイナンバーカード取得
  2. マイナポイントID(マイキーID)取得
  3. キャッシュレス決済サービスの登録

 

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及を進めるために政府が実施しているポイント還元キャンペーンです。

マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを紐付けて登録し、キャッシュレス決済すると、支払った金額の25%がポイント還元されます。

25%は大きいですが、1人最大5,000円なので20,000円の支払い分までとなります。

ただ、上述したように子供でも親名義のキャッシュレス決済でも利用できるので、家族が多ければ恩恵も大きいですね。

マイナポイント
  • マイナポイント登録申込み:2020年7月1日から
  • 実施時間:2020年9月1日~2021年3月31日
  • 利用可能者:先着4,000万人

マイナポイントを利用できるのは先着4,000万人なので、なるべく早く登録しておきましょう。

2020年6月末時点では、マイナンバーカードの発行者は2,100万人程度なので、マイナポイント目当てで新規マイナンバーカード取得者が増えるか次第ですね。

 

まとめ

マイナポイント子供の分の決済サービスに親名義のカード登録できる?をお届けしました。

マイナポイントに年齢制限はないので、0歳児の子供でもマイナンバーカードを作っていれば、対象となります。

登録できる決済サービスは親名義でもOKなので、心配せずに子供の分もマイナポイント登録しちゃいましょう!

クレジットカードやペイ系以外にも、交通系ICカードやWAONなどの電子マネーも登録できるので、個人情報も気にならないレベルの用に感じました。

日常の買い物でも使えるマイナポイントを子供の分も登録して、得しちゃいましょう!