キミスイ桜のロケ地どこ?橋や学校と図書館も紹介!

キミスイ桜のロケ地どこ?橋や学校と図書館も紹介!君の膵臓をたべたい

今回はキミスイ桜のロケ地どこ?橋や学校と図書館も紹介!をお届けします。

2017年に公開され大ヒットした、浜辺美波と北村匠海のW主演映画『君の膵臓をたべたい』略して『キミスイ』。

衝撃的なタイトルですが、2016年の本屋大賞で第2位を獲得した住野よるの同名小説が原作で、ラストはハンカチ必須の感動ストーリーです。

実写映画では、桜の橋や学校の図書館などがとても綺麗に映像化されていて、ロケ地を訪れたくなる方も多いようです。

そこで、このページでは、君の膵臓をたべたい(キミスイ)のポスターにもなっている桜の橋のロケ地や、桜良と僕が通っていた学校・図書館のロケ地をご紹介します。

改めて実写版の『君の膵臓をたべたい』キミスイ映画を見て、聖地巡礼したくなった方は、是非最後までゆっくりとご覧ください。

 

キミスイのロケ地①桜の橋

キミスイのポスターにもなっている橋、桜がとっても綺麗です 。

僕や桜良の通学路で、桜良が退院後に元気に走り出すシーンなど劇中でもよく登場します。

桜の綺麗な橋のロケ地は、京都の『伏見であい橋』でした。

地元でも桜の名所として有名な場所です。

 

京都の伏見であい橋

映画の前半で、下校中に桜が僕に手を振るシーンで、2人は別の橋を渡っているみたいだけど凄く近いし、変わった橋だな~どうなっているんだろうと思っていましたが、ロケ地が分かって納得しました。

『伏見であい橋』は2本の橋が途中で合流するY字の形をしているんですね。

琵琶湖疏水と宇治川派流の分岐点にあるので、橋の中央部で二股に分かれているそうです。

”2つの道が出会う”という意味もかけて『伏見であい橋』と名付けられたんだとか。

僕と桜、全く違う2人が交流していく『キミスイ』の内容ともピッタリのような気がします。

伏見であい橋アクセス

  • 住所:京都府京都市伏見区北浜町903-1
  • 京阪電鉄の中小島駅から、徒歩10分です。

 

キミスイのロケ地②学校の図書館

キミスイは現在・過去両方で高校の図書館のシーンがあり、メインロケ地の1つですよね。

趣のある立派な図書館ですが、撮影場所となったロケ地は、外観と内部が異なっていました。

  • 図書館の外観ロケ地:滋賀大学の経済学部講堂
  • 図書館の内部ロケ地:豊郷町立 豊郷小学校

 

滋賀大学経済学部講堂

キミスイ学校図書館の外観ロケ地になったのは、滋賀大学彦根キャンパスの経済学部講堂です。

大学キャンパスの中にあり、部外者は立ち入り禁止なので、外から見るだけとなります。

滋賀大学アクセス

  • 住所:滋賀県彦根市馬場1丁目1番1号
  • アクセス:JR琵琶湖線(東海道本線)彦根駅西口から直行バスで9分

[/box]

 

滋賀の豊郷小学校

豊郷小学校は、アニメ「けいおん!」のロケ地として有名です。

現在は学校として使用はされておらず、町立図書館など公共の複合施設になっているので、自由に見学ができます。

豊郷小学校旧校舎群は、昭和12年に近江商人、商社「丸紅」の専務であった古川鉄治郎氏によって寄贈され、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計で建てられました。

当時は、「白亜の教育殿堂」「東洋一の小学校」といわれ、平成25年には国の登録有形文化財に登録されました。

現在は、町立図書館や子育て支援センターなど町の複合施設として利用されており、校舎のご見学も自由にしていただけます。

引用:豊郷町観光協会

豊郷小学校アクセス

  • 住所:滋賀県犬上郡豊郷町大字石畑518
  • アクセス:近江鉄道豊郷駅より徒歩10分

 

キミスイのロケ地③学校の教室や屋上

キミスイの高校の教室や屋上・校門の撮影も、図書館と同じく滋賀大学と豊郷小学校がロケ地になっていました。

  • 学校の校門ロケ地:滋賀大学彦根キャンパス
  • 学校の教室ロケ地:豊郷町立 豊郷小学校
  • 学校の屋上ロケ地:豊郷町立 豊郷小学校

まとめ

君の膵臓をたべたい(キミスイ)のポスターにもなっている桜の橋のロケ地や、桜良と僕が通っていた学校・図書館のロケ地をご紹介しました。

一般人でも入れるロケ地が多くて、映画キミスイの公開直後は、聖地巡礼するファンも多かったようですね。

ロケ地に行くと、自分も映画の中に入り込んだような不思議な気分になってテンションが上がりますよね!

キミスイ桜のロケ地どこ?橋や学校と図書館も紹介!を最後までご覧いただきありがとうございました。