フクヒロペアとコーチが気持ち悪い?かわいいが態度悪い所属問題を紹介!

フクヒロペアとコーチが気持ち悪い?かわいいが態度悪い所属問題を紹介!

Pocket

今回の記事は「フクヒロペアとコーチが気持ち悪い?かわいいが態度悪い所属問題を紹介!」です。

フクヒロペアといえば、実力も高いしかわいいと言われているバドミントンダブルスの女性選手ですよね。

そんなフクヒロペアに対して、「コーチとの関係が気持ち悪い」「態度悪い」という声があるようですすが、一体なぜなのでしょうか?

その理由には、所属問題も関係しているようなので詳しく調査してみました!

 

フクヒロペアとコーチの関係が気持ち悪い?

フクヒロペアについて、世間から「コーチとの関係が気持ち悪い」と言われている理由について調べてみたところ、声明文やインタビューの中でフクヒロペアがコーチの事を「彰宏さん」と呼んだ事が原因のようです。

本来公の場では「今井コーチ」や「今井監督」と呼ぶのが一般的ですが、親しい呼び方をしてしまった事で、コーチとの距離の近さが「気持ち悪い」と言われる事に繋がってしまったようです。

マスコミに向けた声明文に「彰宏さん」って平気で書いちゃう所が、気持ち悪いんだよね。選手とコーチ以上の関係があるのかと思っちゃう。フクヒロペアは常識がないだけなのか?

フクヒロペア本人がコーチの「おっかけ」って言ってて、なんか気持ち悪い。普通に尊敬してるって言えばいいのに・・・。

フクヒロペアの声明文はワイドショーでも取り上げられ、コメンテーターからも「常識がない」などと厳しいコメントを受けてしまった事も、印象に影響してしまったのではないかなと思います。

フクヒロペアの福島由紀さん、広田彩花さん、コーチ・監督の今井彰宏さんは、一体どのような方なのでしょうか。

三人のプロフィールを見ていきましょう。

 

福島由紀プロフィール

  • 名前・・福島由紀(ふくしま ゆき)
  • 所属・・丸杉Bluvic(丸杉ブルヴィック)
  • 生年月日・・1993年5月6日
  • 身長・・164cm
  • 体重・・57kg
  • 血液型・・B
  • 利き腕・・右
  • 出身地・・熊本県
  • 出身校・・坂本中学校-青森山田高校
  • 経歴・・ルネサス-再春館製薬所-アメリカンベイプ岐阜
  • 主な戦績・・17年と18年世界選手権銀メダル、17年ファイナル2位、18年全英オープン2位、20年全英オープン優勝

福島由紀さんは9歳でバドミントンを始めたそうです。

ご自身は性格を野性的と言っていますが、可愛らしい見た目とはギャップがありますよね。

ちなみに海外遠征の時はスピーカーとiPadを必ず持っていき、三代目 J SOUL BROTHERSの曲を聞いてリラックスしているそうです。

 

広田彩花プロフィール

  • 名前・・広田彩花(ひろた さやか)
  • 所属・・丸杉Bluvic(丸杉ブルヴィック)
  • 生年月日・・1994年8月1日
  • 身長・・170cm
  • 体重・・61kg
  • 血液型・・A
  • 利き腕・・右
  • 出身地・・熊本県
  • 出身校・・菊水中学校-玉名女子高校
  • 経歴・・ルネサス-再春館製薬所-アメリカンベイプ岐阜
  • 主な戦績・・17年と18年世界選手権銀メダル、17年ファイナル2位、18年全英オープン2位、20年全英オープン優勝

広田彩花さんはご両親が元々バドミントンが趣味で、その影響を受けて2人のお兄さんと共に5歳でバドミントンを始めたそうです。

小学校時代はバドミントンの他にも、競泳に取り組んでいました。

広田彩花さんはご自身の性格をマイペースと言っていますから、試合の際にもあまり緊張せずに臨めるのかもしれませんね。

ちなみに広田彩花さんは海外遠征時に、実家で飼っている愛猫ホルスちゃんの写真を眺めては癒しをもらっているそうです。

 

今井彰宏監督プロフィール

  • 名前・・今井 彰宏(いまい あきひろ)
  • 所属・・丸杉Bluvic(丸杉ブルヴィック)
  • 生年月日・・1970年1月14日
  • 身長・・180cm
  • 体重・・不明
  • 血液型・・不明
  • 出身地・・福井県
  • 出身校・・福井県立勝山高等学校→大阪経済大学卒業
  • 経歴・・NTT関西→トナミ運輸→NECSKY→ルネサス→再春館製薬→アメリカンベイプ岐阜

今井彰宏さんは、中学時代にバドミントンを始めたそうです。

監督をする前はバドミントンの選手としての時代もあり、全日本メンバーに選ばれたり全国2位の結果を出す実力の持ち主です。

監督としては、バドミントンの強豪であるルネサスの監督を歴任しました。

日本を代表するバドミントン指導者の一人ですね。

 

フクヒロペアとコーチの所属と移籍問題

2018年に、フクヒロペアとコーチの所属先が変わりましたが、そこには複雑な移籍問題があったようです。

今井彰宏コーチは再春館製薬所に監督として所属していましたが、選手の賞金からお金を抜いたという横領疑惑が浮上し、2017年に今井彰宏コーチは再春館製薬所の監督を解任されました。

その後、2018年に今井彰宏コーチは岐阜トリッキーパンダース(後のアメリカンベイプ岐阜)へ移籍します。

疑惑については2019年に不起訴処分となりましたが、この一連のトラブルで世間の印象を落としてしまいました。

せっかく実力のあるコーチなのに、印象悪化は大変残念ですよね。

今井彰宏コーチの移籍後、フクヒロペアも今井彰宏コーチを追いかけるように、2018年に岐阜トリッキーパンダース(後のアメリカンベイプ岐阜)へ移籍しました。

移籍の際フクヒロペアは移籍の理由について語らなかった為、不正疑惑のある監督を追って退社した事で、今井彰宏コーチが引き抜いたのでは?などの憶測も呼び、フクヒロペアのイメージまで損ねる結果となってしまったようです。

移籍後しばらくしてフクヒロペアの口から、「今井彰宏コーチとの5年間があって今の自分たちがある。今井彰宏コーチのもとで一緒に東京五輪を目指したいとの思いから指導を依頼した」という事を明かしています。

今井彰宏コーチとフクヒロペアの絆は相当のものと伺えますね。

 

フクヒロペアかわいいが態度悪い?

フクヒロペアについて、「かわいいけど態度が悪い」などネガティブワードが多く見られますが本当に態度が悪いのでしょうか?

調べてみると、試合のマナーやインタビュー時の態度が悪いなどの具体的なものは一切ないようです。

おそらく、フクヒロペアが公の場で今井彰宏コーチを「彰宏さん」と呼んだ事へのネガティブな報道の印象と、今井彰宏コーチにまつわる金銭トラブル疑惑と移籍問題がこのように言われる原因となってしまったのではないでしょうか。

フクヒロペアの選手としての実力は間違いなく事実としてあるので、このようなネガティブな意見に惑わされずに日本のバドミントンを代表する選手として頑張ってほしいですね!

 

まとめ

フクヒロペアとコーチの関係性について気持ち悪い、かわいいけど態度悪いなどの声や、所属問題についてご紹介しました。

フクヒロペアが公の場でコーチを下の名前で呼んでしまった事をきっかけに世間の印象を落としてしまったわけですが、改めてテレビの影響は少しこわいですよね。

コーチの不正疑惑や移籍問題もありましたが、現在は疑惑も晴れて心機一転スタートされているでしょうから、フクヒロペアのバドミントン選手としての結果が今後も楽しみです!

「フクヒロペアとコーチが気持ち悪い?かわいいが態度悪い所属問題を紹介!」を最後までご覧いただきありがとうございました。