半沢直樹2黒崎の役職どう変わったか時系列に紹介!長い肩書きは出世してる?

2020年でも大ブームを巻き起こしている日曜劇場『半沢直樹』。

『半沢直樹』には大物キャストや個性的なキャラクターが揃っていますが、今回は片岡愛之助演じる黒崎の役職についてご紹介します。

オネエ言葉の検査官で最初から強烈キャラでしたが、2020年新シリーズではさらにパワーアップしていて度肝を抜かれました。

半沢直樹の配属や案件が変わっても、役職を変えて現れる黒崎は半沢直樹のストーカーのように見えます(><)

半沢直樹2黒崎の役職を時系列に紹介!出世してるの?と題して、黒崎が一体どんな役職を転々としているのか、まとめてみました。

是非最後までゆっくりとご覧ください。

 

半沢直樹2黒崎の役職変更を時系列に紹介

黒崎は、2013年と2020年両方の『半沢直樹』に登場し、両作品とも前半と後半の役職が変わっています。

半沢直樹のドラマ案件毎に役職が変わり、4つも役職があるなんてすごいですよね。

金融庁ってこんなにも大きな異動が何度もあるものなのでしょうか?

半沢直樹のドラマ放送の時系列に、黒崎の役職の変遷をみてみましょう。

 

黒崎の役職①大阪国税局統括官

黒崎駿一/国税局査察部 統括官(片岡愛之助)大阪国税局統括官。

金融庁から出向しているエリート。

蛇のように粘着質で、狙った獲物は逃がさない。

プライドが高く神経質で、なぜかオネエ口調で話すが、そこが局員たちの恐怖を誘っている。

国税はターゲットを明かさないが、大阪西支店での監査資料の中には西大阪スチールの資料も含まれていて…??

監査のやりとりの中、半沢の行動が自分たちの妨げになると、目の敵にするようになる。

 

黒崎の役職②金融庁検査局主任検査官

黒崎駿一/国税局査察部 統括官(片岡愛之助)金融庁検査局主任検査官。

黒崎駿一/国税局査察部 統括官(片岡愛之助)金融庁検査局主任検査官。

出向していた大阪国税局から金融庁に戻ってきたエリート。

元々の出向も、強引な検査方法に批判が集まったため、ほとぼりを冷ます間だけのものだと言われていた。

西大阪スチールの脱税調査で半沢に先を越されたことを根に持っており、東京中央銀行を対象とした金融庁検査で、再び合間見えることになった半沢に対し、笑顔の裏で並々ならぬ対抗心を見せる。

 

黒崎の役職③金融庁 証券取引等監視委員会 統括検査官

金融庁 証券取引等監視委員会 統括検査官。

「銀行はしょせん金貸し」との考えを持ち、何かと銀行を目の敵にしている。

過去の担当案件では数度にわたり半沢と深く対立し、その恨みを未だに抱えている。

プライドが高く高圧的な性格で、気に入らない相手を独特の口調で徹底的に追い詰める。

 

黒崎の役職④金融庁 担当検査官

金融庁 担当検査官。

「銀行はしょせん金貸し」との考えを持ち、何かと銀行を目の敵にしている。

過去の担当案件では数度にわたり半沢と深く対立し、その恨みを未だに抱えている。

プライドが高く高圧的な性格で、気に入らない相手を独特の口調で徹底的に追い詰める。

 

まとめ