半沢直樹2伊勢志摩空港モデルとロケ地は違う!舞橋は南紀白浜空港が有力な理由を紹介!

半沢直樹2伊勢志摩空港モデルはどこ?南紀白浜空港が有力な理由を紹介!舞橋空港

今回は、半沢直樹2伊勢志摩空港モデルとロケ地は違う!舞橋は南紀白浜空港が有力な理由を紹介!をお届けします。

半沢直樹2に伊勢島空港が登場しました。

しかし三重県に伊勢志摩空港は存在せず、ロケ地は茨城空港であることが判明しています。

伊勢志摩空港は実在しないことが話題になりましたが、それだけで終わりませんでした。

伊勢志摩空港と箕部幹事長には深い繋がりがあり、半沢直樹2のラストに向けてとても重要な空港になります。

伊勢志摩空港(原作では舞橋空港)のモデルとなる空港は実在するのでしょうか?

ネットでも色々な空港がモデル候補に挙げられていますが、伊勢志摩空港(原作:舞橋空港)=南紀白浜空港と考察する声が多くあります。

南紀白浜空港がモデルの可能性は高いのか?考察される理由と実際のドラマでのロケ地(茨城空港)をまとめてみました。

半沢直樹2『伊勢志摩空港』(原作:舞橋空港)のモデルが気になっている方は、是非最後までゆっくりとご覧ください★

 

半沢直樹2伊勢志摩空港モデルとロケ地は違う!

半沢直樹2『伊勢志摩空港』(原作:舞橋空港)のモデルを検証するために、どのような空港としいて登場しているのかを確認しておきましょう。

伊勢志摩空港は実在せず、ロケ地の茨城空港が話題となりましたが、その後の展開でとても重要な空港として浮上します。

半沢直樹の作っていた帝国航空の再建案をタスクフォースがパクってきますが、その中で、半沢直樹が『撤退』にいれていた路線が『継続』に修正されていたのです。

その路線が『羽根田-伊勢志摩』です。

伊勢志摩空港は、地元住民も認める閑古鳥状態の赤字空港。

赤字路線の『羽根田-伊勢志摩』は、帝国航空の再建には必須なのに政府の再建案では残そうとするなんて、怪しさMAXです。

実は、伊勢志摩空港のある三重県伊勢志摩市は、箕部幹事長の選挙地盤でした。

箕部幹事長は伊勢志摩空港の建設に大きく関わっており、地元では伊勢志摩空港のことを『箕部空港』とも呼んでいるくらいです。

空港誘致に当たり、箕部幹事長の金銭的な不正も色々と分かってきます。

箕部幹事長は地元のため・自分のために、伊勢志摩空港と東京を結ぶ路線を廃止するわけにはいかず、帝国航空の「伊勢志摩-東京」路線を継続するよう圧力をかけていました。

このように、伊勢志摩空港は赤字路線だけど政治色の強い空港として登場します。

半沢直樹2のドラマで伊勢志摩空港のロケ地となった茨城空港には、このような政治色は見当たらず、ロケ地だけれど『モデル』ではないようです。

それでは、南紀白浜空港が伊勢志摩空港のモデル空港なのか見てみましょう。

 

半沢直樹2伊勢志摩空港モデルは南紀白浜空港?

半沢直樹に登場する『伊勢志摩空港』『舞橋空港』のモデル空港を考察するTwitterで、最も多かったのは『南紀白浜空港』です。

調べてみると『南紀白浜空港』は、政治家・二階俊博氏の関与が大きいと噂されている空港でした。

二階俊博(にかいとしひろ)氏は、運輸大事や経済産業大臣を務め、現在は自由民主党幹事長という超大物政治家です。

南紀白浜空港のある和歌山県が地元の政治家で、2020年現在81歳。

最近では、GoToTravelキャンペーンでニュースになっていましたね。

 

伊勢志摩空港と南紀白浜空港の共通点

『羽根田-南紀白浜』は『羽田―山形』に次ぐワースト2の路線だけれど、二階俊博衆院議員の圧力で廃止路線にできないとも言われています。

また、南紀白浜空港は古いので誘致には関わっていませんが、南紀白浜空港に新たな滑走路の建設したときには黒い利権の噂がでています。

南紀白浜空港
  • 赤字路線だけど大物政治家の地盤で撤退できない
  • 空港の建設などで利権が絡んでいる

半沢直樹に登場する『伊勢志摩空港』『舞橋空港』と凄く似ているので、モデルの可能性が高いですね!

もう↑コレなんて、『伊勢志摩空港=箕部空港』と同じですね(笑)

 

実在する南紀白浜空港の概要

南紀白浜空港は1968年に開港。

当初は、東京・大阪・名古屋とを結ぶ便が開設されていたが、大阪・名古屋便は撤退し東京便のみとなっている。

2020年9月時点では、JAL「東京-南紀白浜」間の1路線が1日に3往復するのみです。

もしも半沢直樹の帝国航空再建案のように、JALが「東京-南紀白浜」路線を撤退したら、南紀白浜空港は終わりですよね・・・。

和歌山県の中心の和歌山市からは、南紀白浜空港よりも関西国際空港の方が近いので、利用者は減る一方なのではないでしょうか?

南紀白浜空港アクセス

住所: 和歌山県西牟婁郡白浜町2926番地

 

伊勢志摩空港モデル=南紀白浜空港の声

 

半沢直樹2伊勢志摩空港ロケ地は茨城空港!

半沢直樹が立てた帝国航空の再建案をリークした犯人(丸岡耕二)の住所が三重県伊勢志摩市だったことから、半沢直樹が伊勢志摩に向かい、伊勢志摩空港が登場します。

ですが、三重県に伊勢志摩空港は存在しません!

伊勢志摩市もありません!(※伊勢市・志摩市は存在します。)

伊勢志摩空港は、ドラマの中だけの架空の空港です。

ドラマに登場する伊勢志摩空港がどこで撮影されたのか話題になっていましたが、ロケ地は茨城空港でした。

カウンターなどの映像でもそっくりだし、エンドロールの”撮影協力”に『茨城空港』が入っていたので間違いないですね!

 

伊勢志摩空港の場所

伊勢志摩空港の場所はどのあたりの設定なのでしょうか?

半沢直樹が乗ったタクシーの運転手が「サミットが行われたホテルや伊勢神宮もあるので観光にはもってこいなのに、伊勢志摩空港は遠すぎるから誰も使わない。」と言っています。

伊勢志摩空港から伊勢志摩市街地に向かう時にも、タクシーは何もない土手を走っていたし、三重県の市街地からかなり離れた場所にある空港の設定のようです。

 

茨城空港の場所

伊勢志摩空港のロケ地に使われた茨城空港は、2010年北関東初の国際空港として開港しました。

自衛隊(百里基地)の飛行場一部で、かなりこじんまりとした空港のようです。

茨城空港は、半沢直樹の伊勢志摩空港以外にも、これまで多くのドラマや映画のロケ地に使われいます。

  • 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル!! 絶対に笑ってはいけない空港24時』(2011年12月31日 – 2012年1月1日放送、1日貸し切って撮影された)
  • 『トリック劇場版 ラストステージ』 – 映画(首都国際空港(Tokyo Metropolitan Airport)として登場)
  • 『おっさんずラブ-in the sky-』 – テレビドラマ

 

 

まとめ

半沢直樹に登場する『伊勢志摩空港』『舞浜空港』のモデルは南紀白浜空港なのか、類似点を調べてみました。

南紀白浜空港は、赤字路線だけれど大物政治家のために廃止路線にならず継続していたり、政治資金の黒い噂があったりと、『伊勢志摩空港』『舞浜空港』の特徴ととても似ていました。

『伊勢志摩空港』『舞浜空港』のモデルは南紀白浜空港の可能性はとても高そうです。

箕部幹事長のモデルは小沢一郎と言われていますが、二階幹事長にも見えてきましたね(^^;

そうはいってもモデルはモデルで、ドラマの半沢直樹とは別物です。

さらに、半沢直樹の伊勢志摩空港のドラマロケ地は茨城空港でしたが、ロケ地とモデルは別ですね。

伊勢志摩空港をイメージする空港の大きさやドラマロケの受け入れ体制などから、茨城空港がロケ地に選ばれたようですね。

目が離せない半沢直樹、最後まで楽しみましょう!

半沢直樹2伊勢志摩空港モデルはどこ?南紀白浜空港が有力な理由とロケ地も紹介!を最後までご覧いただきありがとうございました。