グーニーズのチャンク役の腹踊りシーンが最高!俳優の現在は弁護士!?

グーニーズのチャンク役の現在は弁護士?腹踊りシーンも画像付で紹介!

Pocket

1985年に公開された大ヒットアドベンチャー映画『グーニーズ』が、金曜ロードショーに登場します!

映画公開から36年も経ったというのに、懐かしいだけではない魅力が満載ですね。

グーニーズの子役の中では、腹踊りシーンが印象的で、食いしん坊のチャンクがとっても可愛いくて大好きでした。

チャンク役を演じていた子役は、現在はどんな大人になっているのでしょうか?

弁護士になっているという噂は本当でしょうか?

腹踊りシーンの詳細や、チャンク役の現在を調べてみました。

『グーニーズのチャンク役の腹踊りシーンが最高!俳優の現在は弁護士!?』と題してお届けしますので、是非最後までご覧ください。

 

グーニーズのチャンク役の腹踊りシーンを画像付で紹介!

映画『グーニーズ』のチャンクと言えば、やっぱり腹踊りですよね♪

必死な顔と揺れるお腹がたまらない(*^艸^*)チャンクは本当に愛嬌がありますね。

ところで、なぜチャンクは腹踊りしてるのか覚えてますか?

私は、腹踊りシーンは覚えていても、なぜ腹踊りしてたんだっけ?となってしまいました。

この腹踊りの直前、チャンクは、悪党フラッテリー家の長男が、ママと兄弟の助けを借りて脱獄し、パトカーとカーチェイスをしているところを目撃し、大興奮!

皆に話したくて仕方なくって、マイキーの家に行き、「頼むよ~中に入れてよ~、早く~今凄いの見たんだ!」と頼みます。

でも、先に来ていた意地の悪いマウスがでてきて、「入りたければ、いつものへそ踊り見せな!やれよ!」と命令します。

最初は「やだよ~」嫌がっていたチャンクも、マウスに押し切られて、仕方なく、腹踊りを披露します。

チャンクは、マイキーの家の門の前で石の上にのって、アロハシャツをまくり上げておへそを出して「ブーッ」と叫びながら体を前後左右に揺らし回ります。

お肉がブルブル、歯をむき出しにした必死の形相に、マウスは大笑い。

見てるこっちも、かわいいのと面白いのが入り交じって、笑っちゃいましたね。

優しいマイキーは「やめろ、入れてやれよ」と、マウスを制して、門を開けてあげます。

門を開ける方法が、大がかりなピタゴラスイッチみたいな仕掛けになっていて、凄かったですね★

 

グーニーズのチャンク役の現在は弁護士?

映画『グーニーズ』でドジで食いしん坊な男の子・チャンク役を演じていたのは、ジェフ・コーエンです。

ジェフ・コーエンは1974年生まれで、2021年現在、47歳です。

なんと現在は、ロサンゼルスを中心にエンタメ業界に関わる弁護士として活躍しています。

ハリウッドで活躍後トラブル多き人生を送る子役が多い中、素晴らしい成長ぶりですね。

 

ジェフ・コーエンは、『グーニーズ』にチャンク役で出演した後も、『世にも不思議なアメージング・ストーリー』など映画やテレビドラマで活躍していました。

ですが、子役だけで芸能界を引退しています。

引退後は学業に専念し、カリフォルニア大学バークレー校を卒業した後に、UCLAのロースクールを卒業したというから優秀です。

演じることよりも制作に興味を持ち、そこからビジネスへ興味が広がり弁護士にまでなってしまったとのこと。

経営と法律を学び、現在はエンターテイメント業界で弁護士をしています。

子役として実際に経験していきた業界で、今度は弁護士として活動するなんて映画みたいに格好いいですね!

 

「チャンク」とは肉の塊、という意味の愛称です。

映画公開当時(11歳)はその名の通りのぽっちゃり(を通り越した)体形ですが、今ではチャンクの面影は無くイケメンですね!

 

2020年12月に、グーニーズメンバーで同窓会のような集まりがあったそうです。

チャンクだけでなく、グーニーズの子役たちは比較的いい歳の取り方をしているように思います。

その中でも、やっぱりチャンクの変貌が一番話題になっていたみたいです。

現在でも仲の良さが伺えるのが、グーニーズが本当にいい作品だったことを証明しているように感じますね。

 

ジェフ・コーエンのツイッター

ジェフ・コーエンの公式ツイッターには映画にまつわるツイートがたくさんあります。

エンターテイメント業界で腕を振るう弁護士だということが伺えますね。

アメリカの弁護士協会で、弁護士向けに映画に関する記事を掲載したようです。

ビジネスに関する本も出版していますし、仕事熱心ぶりが伺えます。

 

今でもグーニーズのチャンクとしてサインを求められることが多いジェフ・コーエン。

映画公開後36年も経ったのに、快くサインに応じている姿に好感が持てます。

そして、そんなに昔の映画なのにまだファンがサインを求めてしまうくらいの魅力が映画とチャンクにあったのでしょう。

 

まとめ

映画『グーニーズ』のチャンク役を演じた子役が現在は弁護士になっているのか?印象的な腹踊りシーンの画像と合わせてご紹介しました。

あのチャンクが弁護士になっていたなんて驚きです。

しかも俳優として十分やっていけるほどのイケメンですね。

あれだけ大ヒットした映画の子役でいながら、道を外れることなく人生を歩んでいるなんて、本当に素敵です。

そして仕事に対する熱心さも垣間見えてますますチャンクのファンになりました。

懐かしいと思う方はもちろん、見たことがないという方も是非、映画『グーニーズ』の魅力に引き込まれること間違いなしです。

『グーニーズのチャンク役の腹踊りシーンが最高!俳優の現在は弁護士!?』を最後までお読みいただき、ありがとうございました。