極主夫道ドラマ子役(娘ひまわり)は誰?原作との違いに評判は?

極主夫道ドラマ娘ひまわり子役は誰?原作との違いに評判は?白鳥玉季

今回は、極主夫道ドラマ娘ひまわり子役は誰?原作との違いに評判は?をお届けします。

10月11日(日)より日本テレビ系列で始まるドラマ「極主夫道」。

おおのこうすけ氏原作の漫画「極主夫道」のドラマ化です。

この漫画は、2018年に第4回次に来るマンガ大賞webマンガ部門3位、2019年には全国書店員が選んだおすすめコミック2位、2020年にはアイズナー賞最優秀ユーモア賞を受賞しているという素晴らしい漫画なのです!

原作の漫画には、娘は出てこず、龍と美久夫婦二人の設定なのですが、ドラマ版では向日葵(ひまわり)という娘がいる設定になっています。

原作とは違う登場人物が出てくることは実写版などではよくあることですが、第三者ではなく、龍と美久の娘となるとかなり話のテイストや登場人物のキャラクターなども変わってくることもあるのでは?

娘ひまわりを演じる子役・白鳥玉季さんのプロフィールなどと合わせて、原作との違いに対する評判もご紹介します。

最後までお付き合いください。

 

極主夫道ドラマ娘(ひまわり)の子役は白鳥玉季

ドラマ『極主夫道』では、原作にない、龍と美久の娘・向日葵(ひまわり)が登場します。

原作にないオリジナルキャラクターなので、“龍”と“美久”とどのような掛け合いを見せてくれるのでしょうか?

設定では、向日葵(ひまわり)は、年齢より大人びていてしっかり者ということですね。

母親の美久とも、母と娘の立場が逆転してしまうのでは?といった感じのようです。

玉季ちゃんの演技力に期待しましょう。

 

ひまわり役:白鳥玉季プロフィール

ドラマ『極主夫道』で龍と美久の娘・向日葵(ひまわり)役を演じるのは、白鳥玉季ちゃんです。

白鳥玉季ちゃんは、多くのドラマ、映画、CMなどに出演経験のある今注目の人気子役です。

  • 名前:白鳥玉季(しらとりたまき)
  • 生年月日:2010年1月20日(10歳・小学5年生)
  • 身長:138cm
  • 趣味:詩を書くこと。本を読むこと。
  • 特技:笑顔 バランスボール
  • 所属:スマイルモンキー
出演ドラマ

NHK「とと姉ちゃん」(2016年)「エール」(2020年)TBS「A LIFE~愛しき人~」(2017年)「凪のお暇」(2019年)「テセウスの船」(2020年)

出演映画

映画 「mellow」「ステップ」(2020年)

出演CM

CM オロナミンC(2016年~2018年)、セイバン天使のはね(2015年)

「凪のお暇」でも、表面的には少し大人びた吉田羊演じるシングルマザーの娘を好演していましたね。

私が今まで見た作品では、大人びて生意気だけれど、どこか憎めないキャラクターが得意のようです。

まさに、ひまわり役にぴったりなのでは?と思います。

 

極主夫道ドラマ娘ありで原作との違いに評判は?

「極主夫道」の漫画を読んだことがある方はおわかりかと思いますが、原作では、龍が美久を守るという一途な愛の物語です。

龍(38歳)、美久(26歳)と歳の差夫婦で、とても仲良しです。

美久はコーラが好きなのですが、コーラを買い過ぎて龍に怒られたりして、子供のような一面もあります。

龍も美久を喜ばせようと、美久が好きな作中アニメの“クライムキャッチポリキュア”のエプロンをつけたりしています。

公式HPなどを見ますと、このコロナ禍でのドラマということから、『極主夫道』をかなり心温まるホームドラマに仕立て上げようという画策が見て取れます。

そこで、娘がいる設定にしようということになったのでは?

息子ではなく娘という設定から、“不死身の龍”の娘に対するデレデレ加減などを描いていって、コメディー要素を強くしようとしているのでしょうか?

 

美久のポリキュアオタク設定が不安

みなさん、美久のポリキュア愛が、娘 向日葵の設定になってしまうのではと心配なさっていますね。

確かに、半端ない美久のポリキュア愛に、二人で奔走するところが面白いのに、娘がポリキュア好きで、娘のために、二人が奔走するということだと全く話が変わってきますよねぇ。

美久のために、龍が頑張るというひたすら嫁至上最高論な龍が素敵なのに・・・

嫁の美久より娘の向日葵にデレデレになると、原作ファンは黙ってはいないのでは?

 

娘設定で前評判ガタ落ち

そうそう、原作物をドラマ化するのに、多少の改変はありがちですよね。

玉城ティナさん演じる純喫茶のアルバイト店員も原作には出てこないキャラクター。

でも、こういった第三者的な改変は、大元のストーリーにはあまり影響ない感じです。

主人公の家族、しかも嫁溺愛の龍から、娘溺愛?設定になるかも?となると、かなりのストーリー改変となる確率高し。

この大幅改変にがっかりしてる声多数です。

 

しかし、こういったストーリーを広げるには仕方がないのでは?という擁護論もあり。

 

娘設定、反対なのか賛成なのか、中立論あり、な感じです。

 

まとめ

『極主夫道ドラマ娘ひまわり子役は誰?原作との違いに評判は?』お届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

美久の年齢からすると、ドラマの娘役はもう少し低い年齢の設定なのでは?と予想していましたが、小学生でビックリしました。

原作の世界観が崩れてしまわないか心配です・・・。

でも!ドラマ版では、原作では描かれていない龍と美久の馴れ初めも展開されるとのことなので、楽しみです。

最後まで『極主夫道ドラマ娘ひまわり子役は誰?原作との違いに評判は?』ご覧いただきありがとうございました。