高知県の感染症指定医療機関の病院どこ病床数は?コロナ受け入れ宿泊施設やまもも?

高知県コロナウイルス受け入れ病院どこ?感染症指定医療機関の一覧とベッド数・病床数コロナ看護師

日本国内で新型コロナウイルスに感染した人が日に日に増加しています。

高知県でもコロナウイルス感染者が多数でており、人口比率でみれば全都道府県で5位と高い割合でコロナウイルス感染者がいる状況です(><)

2020年4月15日には、遂にコロナウイルスによる死者まででてしまいました。

自覚症状のない潜伏期間中でも感染するし、もうどこで感染してもおかしくない・・・。

  • もしも新型コロナウイルス肺炎に感染してしまったら、どこの病院に受診・入院することになるのでしょうか?
  • コロナウイルス感染者の受け入れ病院・指定医療機関『感染症指定医療機関』は、どんな病院で高知県のどこにあるのか?
  • 高知県のコロナウイルス感染者の受け入れ病院・指定医療機関『感染症指定医療機関』のベッド数・病床数はどのくらいか?

高知県のコロナウイルス感染症指定医療機関の病院をベッド数と合わせてまとめましたので、高知県のコロナウイルス対応の受け入れ病院が気になっている方は参考にしてください。

MEMO

コロナウイルス感染者が急増し『感染症指定医療機関』のベッド数では不足する事態となっています。

医療現場の崩壊を防ぐため『感染症指定医療機関』以外の病院でもコロナウイルス感染者を受け入れできる病院やベッド数を増やし、無症状・軽症の感染者が自宅や宿泊施設で療養等が受けられるように方向転換しています。

高知県でも、他県同様『感染症指定医療機関』以外の病院や宿泊施設での受け入れを検討しています。

 

コロナウイルス受け入れ病院『指定医療機関』とは?

新型コロナウイルスに感染してしまった場合、感染拡大を防ぐため『感染症指定医療機関』での受診・入院が必要になります。

感染症指定医療機関には、厚生労働大臣が指定する『特定感染症指定医療機関』と各都道府県知事が指定する『第一種感染症指定医療機関』『第二種感染症指定医療機関』の3種類があります。

※『特定』『第一種』『第二種』は、対応できる感染症の種類によって決まっています。

特定感染症指定医療機関
  • 一類感染症、二類感染症の患者および新感染症の所見がある者に対する医療機関
  • 日本国内では、4つの医療機関が指定されている。
第一種感染症指定医療機関
  • 一類、二類感染症の患者に対する医療機関
  • 日本国内では、55の医療機関が指定されている。
第二種感染症指定医療機関
  • 二類感染症の患者に対する医療機関
  • 日本国内では、348の医療機関が指定されている。
MEMO
  • 新型コロナウイルス肺炎は、2020年1月27日『指定感染症』に指定されました。
  • 『指定感染症』の新型コロナウイルス肺炎は、『二類感染症』に相当すると判断される予測されているので、上記『感染症指定医療機関』3種類のどの医療機関でも対応可能です。

高知県のコロナ受け入れ病院『感染症指定医療機関』はどこ?

高知県内でコロナウイルスに感染した場合に対応できる『感染症指定医療機関』は、下記2カ所の病院です。

  • 【高知市】高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター (第1種感染症病床数:2床/感染症病床数:6床)
  • 【宿毛市】高知県立幡多けんみん病院 (感染症病床数:3床)

『高知赤十字病院』や『高知病院』は『第二種感染症指定医療機関』ですが、『結核病床』のみで『感染症病床』がないので、コロナウイルス感染者受け入れ病院の対象外としています。

2020年3月下旬、高知県では新型コロナウイルスの感染拡大から、結核病床などを活用して『高知医療センター』『幡多けんみん病院』両院で新たに14床を確保し、他の医療機関でも患者を受け入れる準備を進めています。

※高知医療センターの結核病床数は20床、幡多けんみん病院の結核病床数は4床です。

感染症病床のない『第二種感染症指定医療機関』
  • 【高知市】独立行政法人国立病院機構 高知病院 (結核病床数:22床)
  • 【高知市】高知赤十字病院(結核病床数:6床)
  • 【安芸市】高知県立あき総合病院(結核病床数:5床)

※病院数・病院名は、2020年2月25日厚生労働省HPを参照しています。

『高知医療センター』と『幡多けんみん病院』だけ!?

もっとあると思ってた…(@@)

 

 

高知県の特定感染症指定医療機関

高知県内に『特定感染症指定医療機関』に指定されている病院はありません。

※高知だけでなく四国に『特定感染症指定医療機関』はなく、1番近いのは、大阪の『りんくう総合医療センター』となります。

 

高知県の第一種感染症指定医療機関

高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター (ベッド数・病床数:2床)

HP:https://www2.khsc.or.jp/

住所: 高知県高知市池2125−1

電話番号:088-837-3000

※牧野植物園・五台山の南側です

 

高知県の第二種感染症指定医療機関

高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター(ベッド数・病床数: 6床)

(同上)

 

高知県立幡多けんみん病院(ベッド数・病床数: 3床)

HP:https://www.pref.kochi.lg.jp/hata/

住所:高知県宿毛市山奈町芳奈3−1

電話番号:0880-66-2222

 

高知県コロナ受け入れ宿泊施設やまもも

高知県では、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、コロナウイルス感染陽性で軽症・無症状者を宿泊施設やホテルで隔離・療養できるよう進めています。

高知県内で、初めてコロナウイルス受け入れが決まった宿泊施設は、高知医療センターに隣接する『やまもも』です。

やまもも(医療センター隣接)

『やまもも』は、高知医療センターが運営する宿泊施設で、高知医療センターに隣接しています。

『やまもも』には、ベッドが2つ備えられた部屋が16室あり、看護師が24時間体制で常駐するそうです。

施設では、患者と職員などが過ごすスペースがラインで隔たれる「ゾーニング」の措置がとられています。

感染症医療機関『高知医療センター』が運営していて、敷地も隣接しているなんて、とても安心ですね。

 

高知県で初コロナ感染者の病院

高知県内で新型コロナウイルスに対応できる病院は、上記のように『高知医療センター』と『幡多けんみん病院』の2病院だけです。

そのため、高知県で初めて確認されたコロナウイルス感染者は、高知市内に在住なので、高知市の感染症指定医療機関『高知医療センター』(ベッド数: 8床)に入院されていると考えられます。

 

勤務先の病院「中内整形外科クリニック」

高知県内で初のコロナウイルス感染者は、30代女性の看護師さんで、旭町イオン西側に位置する『中内整形外科クリニック』に勤務しています。

『中内整形外科クリニック』は、病院名の公表を承諾し、患者や近隣住民へ必要以上の不安を与えないよう誠実に対応されているのでとても好感が持たれています。

すぐに病院内の消毒を完了していますが、3月中旬まで休業する予定とのことです。

中内整形外科クリニック

HP:http://www.nakauchi-seikei.jp/

住所:高知市旭上町30番地

電話番号:088-850-0623

高知県コロナウイルス電話相談窓口

2020年1月28日から、新型コロナウイルスにかかる厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)が設置されています。

厚生労働省・電話相談窓口
  • 電話番号:03-3595-2285
  • 受付時間:毎日9:00~21:00

高知県では、2020年2月4日から専用の電話相談窓口「新型コロナウイルス相談センター」を設置しています。

高知県・新型コロナウイルス相談センター
  • 電話番号:088-823-9300
  • 受付時間:毎日9:00~21:00

新型コロナウイルス感染症の典型的な症状や予防についてお知りになりたい方、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方など、新型コロナウイルス感染症について疑問や不安がある方は、新型コロナウイルス相談センターにご相談ください。

 

高知県の感染症指定医療機関・病床数まとめ

高知県でも新型コロナウイルスの感染者数が多く、死者まで出てしまい、いつ自分が感染してもおかしくない状況です。

そこで、高知県内のコロナウイルス受け入れ病院『感染症指定医療機関』はどこの病院なのか、病床数(ベッド数)も合わせてお伝えしました。

高知県内のコロナウイルス受け入れ病院『感染症指定医療機関』は、『高知医療センター』と『幡多けんみん病院』の2病院だけで、病床数が不足しています。

今後も新型コロナウイルス感染者の増加が続けば、東京や大阪のように、一般の病院や宿泊施設でも受け入れが進むかもしれません。

怖いですが、病院やベッドの数は一般人にはどうにもできないので、とりあえず、新型コロナウイルスに感染しないように、人込みを避け、手洗いうがい、マスク着用、消毒などできる限りの予防をしっかりしましょう!

 

 

注意

新型コロナウイルスに関する情報は今後変更されることもありますので、最新情報は厚生労働省HP高知県公式HPで確認してください。