広島コロナウイルス病院どこ?対応の感染症指定医療機関の一覧とベッド数・病床数

広島福山コロナウイルス病院どこ?対応の感染症指定医療機関の一覧とベッド数・病床数

Pocket

新型コロナウイルス感染拡大のニュースが、止まりません。

海外に行っていなくても、周囲に中国武漢の滞在者がいなくても、もう安全とは言い切れない状況になってしまいました(><)

感染者が広島に出張で訪れたこともあり、広島県でもいつコロナウイルスに感染してもおかしくないです。

もし新型コロナウイルスに感染してしまったら、広島県の場合どこの病院に入院することになるのでしょうか?

万が一、パンデミック状態になっても対応可能なのか、ベッド数・病床数も気になります。

新型コロナウイルス感染者が入院する『感染症指定医療機関』が、どんな病院で広島県の対応病院はどこなのか?ベッド数・数は十分にあるのか?を調査し一覧にまとめました。

MEMO

今後、広島県で感染者が出た場合、どこの病院に入院しているの?と気になる方も多いと思いますが、基本的にこれから紹介する『感染症指定医療機関』一覧のどこかの病院に入院しています。

コロナウイルス対応病院は数が少ないので、「福山市の病院」など何市か公表されれば断定できる事が多いです。

 

コロナウイルス対応病院『感染症指定医療機関』とは?

新型コロナウイルスに感染した人は、これ以上感染が拡大しないように、陰圧室などが完備された『感染症指定医療機関』に入院することになります。

感染症指定医療機関には、厚生労働大臣が指定する『特定感染症指定医療機関』と、各都道府県知事が指定する『第一種感染症指定医療機関』『第二種感染症指定医療機関』の3種類があります。

※『特定』『第一種』『第二種』は、対応できる感染症の種類(第1類から第5類まで有)によって決定されます。

特定感染症指定医療機関
  • 一類感染症、二類感染症の患者および新感染症の所見がある者に対する医療機関
  • 全国で4つの病院が指定されています。(病床数:10床)
第一種感染症指定医療機関
  • 一類、二類感染症の患者に対する医療機関
  • 全国で55の病院が指定されています。(病床数:103床)
第二種感染症指定医療機関
  • 二類感染症の患者に対する医療機関
  • 感染症病床を有する指定医療機関は、全国で351の病院が指定されています。(病床数:1,758床)
MEMO
  • 新型コロナウイルスは、2020年1月27日『指定感染症』に指定されました。
  • 『指定感染症』の新型コロナウイルスは、『二類感染症』相当と判断されるので、上記の3種『感染症指定医療機関』全てで対応可能です。
  • 入院時の費用は、自己負担分が公費でまかなわれ、経済的理由で入院拒否を防ぐ。
病室の様子
  • 原則個室
  • 部屋の外に空気が流れない構造(陰圧室)
  • 排水も独立して処理される
  • トイレやシャワーを備え、一定期間、生活できるようになっている

※病院数は、2020年2月25日厚生労働省HPを参照しています。

 

広島県のコロナウイルス対応病院どこ?(感染症指定医療機関)

コロナウイルス対応病院

広島県内でコロナウイルス対応の『感染症指定医療機関』は下記の5つの病院で病床数(ベッドの数)は30床です。

  • 【広島市南区】広島大学病院 (病床数・ベッド数:2床)
  • 【広島市中区】地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立舟入市民病院 (ベッド数:16床)
  • 【福山市】福山市民病院 (ベッド数:6床)
  • 【東広島市】独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター (ベッド数:4床)
  • 【庄原市】総合病院 庄原赤十字病院 (ベッド数:2床)

広島県内には上記以外にも『第二種感染症指定医療機関』として、『国家公務員共済組合連合会 吉島病院』や『 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院』『公立学校共済組合 中国中央病院』がありますが、『結核病床』のみで『感染症病床』がないので、コロナウイルス感染者受け入れ病院の対象外としています。

専門の感染症指定医療機関以外でも対応する方針にはなっているので、コロナウイルス感染者拡大に伴って『吉島病院』や『呉共済病院』『中国中央病院』が受け入れ対応病院に変わることも十分にありえます。

※病院数・病院名は、2020年2月25日厚生労働省HPを参照しています。

 

 

広島県の特定感染症指定医療機関

広島県には特定感染症医療機関に指定されいている病院はありません。

広島県の第一種感染症指定医療機関

広島大学病院 (病床数・ベッド数:2床)

HP:https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp

住所:広島県広島市南区霞1-2-3

電話番号:082-257-5555

 

広島県の第二種感染症指定医療機関

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立舟入市民病院 (病床数・ベッド数:16床)

HP:http://funairi-hospital.jp/

住所:広島市中区舟入幸町14番11号

電話番号:082-232-6195

 

福山市民病院 (病床数・ベッド数:6床)

HP:https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-hospital/

住所:広島県福山市蔵王町5-23-1

電話番号:084-941-5151

 

独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター (病床数・ベッド数:4床)

HP:https://higashihiroshima.hosp.go.jp/

住所:広島県東広島市西条町寺家513番地

電話番号:082-423-2176

 

総合病院 庄原赤十字病院 (病床数・ベッド数:2床)

HP:http://www.shobara.jrc.or.jp/

住所:広島県庄原市西本町二丁目7-10

電話番号:0824-72-3111

 

コロナウイルス感染症指定医療機関への流れ(広島)

広島県に限らず全都道府県で、コロナウイル感染に関わる流れは同じです。

高熱・咳・呼吸困難などの症状がでた場合、武漢市へ渡航歴がある、または武漢市へ渡航歴のある人やコロナウイルス罹患者の家族・濃厚接触があったかどうかで、対応が異なります。

武漢市へ渡航歴がある、または武漢市へ渡航歴のある人やコロナウイルス罹患者の家族や、濃厚接触を持った人の場合、新型コロナウイルス肺炎への感染の確率が高いので、まずは保健所またはコロナウイルス相談窓口に電話で相談してください。

そうでない場合、風邪・インフルエンザと同様の対応となるので、まずは一般の病院を受診します。※必ずマスクを着用しましょう!

医師の診察で、肺炎の症状がみられて新型コロナウイル肺炎への感染が疑われる場合、病院から保健所に連絡・検体検査。

検体検査で、新型コロナウイルス肺炎に陽性反応が出た場合、上記の感染症指定医療機関へ入院する事になります。

 

コロナウイルス専用電話相談窓口【広島県】

厚生労働省は1月28日(火曜日)18時から、新型コロナウイルス専用の電話相談窓口(コールセンター)を設置していますが、独自に新型コロナウイルス電話相談窓口を設けている都道府県もあります。

広島県では、地域毎の保健所・保健センターを新型コロナウイルス関連肺炎に関する電話相談窓口(コールセンター)としています。

厚生労働省の電話相談窓口
  • 電話番号:03-3595-2285
  • 受付時間:毎日9:00~21:00(土日祝も実施)

 

広島県内の新型コロナウイルス相談窓口一覧

地区相談窓口平日休日・夜間
大竹市・廿日市市広島県西部保健所0829-32-1181082-513-2567
安芸高田市・安芸郡・山県郡広島県西部保健所広島支所082-228-2111082-513-2567
江田島市広島県西部保健所呉支所0823-22-5400082-513-2567
竹原市・東広島市・豊田郡広島県西部東保健所082-422-6911082-513-2567
三原市・尾道市・世羅郡広島県東部保健所0848-25-2011082-513-2567
府中市・神石郡広島県東部保健所福山支所084-921-1413082-513-2567
三次市・庄原市広島県北部保健所0824-63-5181082-513-2567
広島市、呉市、福山市以外の
全区域(広島県庁)
広島県感染症・疾病管理センター(広島県健康対策課)082-513-2567082-513-2567
広島市中区広島市中保健センター082-504-2528082-241-4566
広島市東区広島市東保健センター082-568-7729082-241-4566
広島市南区広島市南保健センター082-250-4108082-241-4566
広島市西区広島市西保健センター082-294-6235082-241-4566
広島市安佐南区広島市安佐南保健センター082-831-4942082-241-4566
広島市安佐北区広島市安佐北保健センター082-819-0586082-241-4566
心市安芸区広島市安芸保健センター082-821-2809082-241-4566
広島市佐伯区広島市佐伯保健センター082-943-9731082-241-4566
上記広島市全区域心与市健康推進課082-504-2622082-241-4566
呉市呉市保健所0823-25-35250823-22-5858
福山市福山市保健所084-928-1350084-928-1350

どちらにかけても大丈夫ですが、厚生労働省のコロナウイルス相談窓口は受電が多くつながりにくいので、広島県の相談窓口の方が早いかもしれません。

 

コロナウイルス感染症指定医療機関(広島県)まとめ

新型コロナウイルス感染者が入院する病院『感染症指定医療機関』について、種類と広島県はどこの病院が対象かを調査しました。

広島県でコロナウイルスに対応できる『感染症指定医療機関』の病院は5個・病床数(ベッドの数)は30床でした。

他の都道府県と比べると、広島県の規模にしては、コロナウイルスに対応できる病院やベッド数・病床数は少ないような気がします。

さらに、広島市内が3病院、福山市と庄原市に1病院ずつなので、他の市町村でコロナウイルスに感染した場合、家からかなり離れた病院へ入院する事になりそうです。

今後、広島県内で新型コロナウイルに感染した人がどこの病院に入院したのか知りたいときは、上記5つの病院のどこかに入院しているはずなので、住所などから調べることができます★

※今後一般病医でも対応可能とする方針にはなっていますが、実際隔離機能の問題もあり、どうなるかはっきりしていません。

 

とはいえ、新型コロナウイルスに感染することなく過ごせるのが一番です!

人込みを避け、手洗いうがい、マスク着用、消毒などできる限りの予防をしっかりして、自分の身は自分で守りましょう!

 

 

 

注意

新型コロナウイルスに関する情報は今後変更されることもありますので、最新情報は厚生労働省HP広島県公式HPで確認してください。