チェリまほ万年筆メーカーどこの?販売店や値段も紹介!

チェリまほ万年筆メーカーどこの?販売店や値段も紹介!

Pocket

今回は、『チェリまほ万年筆メーカーどこの?販売店や値段も紹介』をお届けします。

『ちぇりまほ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』のドラマが大好評で最終話を迎えました。

その最終話で、黒沢が安達にプロポーズとともに渡したのは、指輪ではなく、万年筆でした。

黒沢&安達ならではのチョイス!という意見がたくさんあって、皆さんかなりこの演出にキュンとしたみたいです。

『チェリまほ』ファンの間では、この万年筆が欲しい!という方もたくさんいるようですね。

そこでこの記事では、『チェリまほ』で黒沢が安達に渡した万年筆について、メーカーはどこのものか、また、販売店や値段をまとめてみました。

『チェリまほ』の万年筆が気になっている方、欲しいと思っている方はぜひ、最後までご覧ください。

 

チェリまほ万年筆メーカーどこの?

『チェリまほ』でプロポーズに使われた万年筆は、どこのメーカーのものか、調べてみました。

すると、『MaleDen(マルデン)』というメーカーのものということが分かりました。

アメリカのメーカーで、アンティークな雰囲気のレザー表紙の手帳やノートが人気のようですね。

さすが黒沢、文房具もやっぱりオシャレなものを選んでるんですね!

 

チェリまほ万年筆の販売店や値段を紹介

『ちぇりまほ』の万年筆の販売店や、値段はいくらかを調べてみました。

すると、楽天市場やアマゾンでも販売されていました!

他にもあるかも知れませんが、今のところこの楽天市場やアマゾン、Yahoo!ショッピングで、『チェリまほ』の万年筆が販売されていることが確認できました。

値段は販売サイトによって異なりますが、2,000円~2,500円程度です。

黒沢がプロポーズで使ったとあって、もっと高いものと予想していたので、お手頃価格でちょっとびっくりです。

チェリまほ万年筆はボールペンとペア!

てっきりお揃いの万年筆が2本かと思いきや、ボールペンと万年筆のセットでした。

最終回に、職場で黒沢と安達がお互いにペンを見せ合って微笑み合うシーンがありますが、あれはどっちかがボールペンなのでしょうか?

それとも黒沢は2セット買っていたのでしょうか?

気になります・・・。

 

 

 

チェリまほ万年筆の評判感想

『チェリまほ』の万年筆についてのつぶやきを集めてみました。

『チェリまほ』のドラマが終わって寂しいので、黒沢と安達とお揃いの万年筆をゲットして余韻に浸りたい・・・という方もちらほらいますね。

また、指輪でなく万年筆を選んだ黒沢の想いについて、いろいろな意見がありますが、どれもうなずけます!

それに、指輪だと周囲に詮索されがちですが、万年筆やボールペンなら、同じものを持っていても不自然じゃないので持ちやすいですよね。

 

まとめ

『チェリまほ』最終話で黒沢が安達に渡した万年筆について、メーカーはどこか、また販売店や値段をまとめました。

『チェリまほ』万年筆のメーカーは、アメリカの『MaleDen(マルデン)』でした。

楽天やアマゾンで手軽に購入できることと、値段も安めなことも分かりました!

『チェリまほ』ロスで寂しい思いをしている方は、この万年筆を買って癒されるのもアリかも知れませんね。

最後まで『チェリまほ万年筆メーカーどこの?販売店や値段も紹介』をご覧頂き、ありがとうございました。