武漢日本企業一覧で会社名と帰国対応を紹介|新型コロナウイルス肺炎

武漢日本企業はどこ?一覧と新型コロナウイルス肺炎や帰国対応を紹介

Pocket

新型コロナウイルス肺炎で大変な被害が出ている中国武漢が封鎖され、武漢市内の惨状をニュースでみて驚きました。

武漢の日本人(邦人)の安全を守るため、政府がチャーター機で帰国できるよう手配を進めたのも納得です。

武漢には多くの日本企業が進出しているため、約500人もの日本人(邦人)が滞在しているそうです。

  • 武漢に進出している日本企業はどんな企業?一覧で知りたい。
  • 日本企業は武漢にいる日本人従業員に対してどんな対応をとっている?
  • チャーター機で帰国したとして、その後は日本で普通に働くの?

新型コロナウイルス肺炎の強い感染力や死亡者の数などを見ると、武漢から帰国した人達のその後の対応も気になります。

武漢に進出している日本企業一覧と対応をまとめてみました。

 

武漢の日本企業一覧

中国武漢市は中国国内でも有数の産業発展に関わる工場・産業地域ですが、主力の自動車産業に加え、小売り業でも市場が拡大しており多くの日本企業が進出しています。

産業会社名(略称)
自動車ホンダ・日産自動車
銀行三菱UFJ銀行・みずほ銀行
商社三井物産・住友商事・豊田通商
物流・倉庫郵船ロジスティクス・商船三井・鈴与・近鉄国際物流
小売イオンリテール・イオンモール・セブン&アイホールディングス・ローソン・ファーストリテイリング
金属鉄鋼新日鉄住金・丸一鋼管・丸順
自動車関連・内装・タイヤ林テレンプ・タチエス・ブリヂストン
機械・電気・電子・半導体・化学品・プラスチック豊通マシナリー・伊勢金型・住友電装・ニフコ・スタンレー電気・メイコー・トーメンエレクトロニクス・東京エレクトロン・デンソー・日立製作所・八千代工業・豊田合成・三恵技研工業・LGエレクトロニクス
進出支援・コンサル・広告代理店・娯楽・その他電通・博報堂・日本ペイント・スターツ・イオンディライト・シスプロ・極楽湯ホールディングス

武漢在住の日本人のために作成されたと思われる交流サイト『武漢在住日本人生活情報』(http://wuhan.jp/investment.htm)を参考に、武漢以外の都市の企業を除き、報道から分かる武漢日本企業を追加して一覧にしました。

報道によると武漢と武漢周辺都市には160もの日本企業が進出しているそうです。

記載している以外にも多くの企業が武漢に進出していますが、全て把握することはできませんでした。

武漢は、発展している都市のようです。

自動車関連工場の拠点として武漢に進出し、付随して需要のある物流や金融機関も進出したのかな?

さらに経済の発展で、ユニクロや娯楽施設なども進出したみたい。

 

武漢日本企業の帰国への対応

日本政府は2020年1月26日、封鎖された武漢に在住の日本人で帰国希望者はチャーター機で帰国させると発表しました。

新型コロナウイルス肺炎が問題となってから、2020年1月28日9時チャーター便がまだ出発していない時点での、日本企業の対応報道をまとめました。

日産自動車

合併会社の本社を武漢に置いている。

現地に駐在している社員とその家族について、一部を除いて帰国させる方針。

ホンダ自動車

武漢市内に工場が3つある。

工場の責任者など一部の社員を除いて駐在員や家族ら約30人の大半を、政府のチャーター機に乗せて帰国させる方針。

数人は保守点検のために残る。

武漢の工場はもともと春節期間は休業予定だが、今後の操業の見通しは未定。

みずほ銀行

武漢支店長ら2人の行員が、現地スタッフとともに預金などの銀行業務に携わっている。

支店長は業務への影響などを考慮して残るが、もう一人の行員は帰国させる。

三菱UFJ銀行

武漢支店では、行員数人が現地スタッフらと業務を担っている。

帰国させるかどうかは「(政府の支援方針が)発表されたばかりで、どう対応するかは分からない」(広報)という。

イオン

武漢で大型スーパーやショッピングモール、合わせて8店舗を展開している。

日本人社員12人のうち、現地の総合スーパー5店舗の営業に必要な社員以外は帰国させる方針。

食品などを扱う総合スーパーは生活必需品の安定提供のため、中国政府から営業継続を要請されているようです。

ショッピングモールは当面1月30日まで休業。

現地の人々を思えば、スーパーは営業して欲しいだろうけど・・・

働く人は感染の危険も高まるし、混乱の中での営業自体大変だろうな・・・

東京エレクトロン

半導体製造装置の国内最大手。

武漢に駐在する社員やその家族、出張者など合わせて約30人に政府のチャーター機などで帰国するよう指示。

日本通運

武漢に駐在する社員と、現地に出張している社員の合わせて5人全員をチャーター機などで帰国させることを決定。

ブリヂストン

大手タイヤメーカーのブリヂストンも武漢に工場があり、駐在する日本人社員は2人。

1人はすでに帰国しており、残る1人は政府のチャーター便での帰国を希望して手続きを進めている。

ファーストリテイリング・無印良品

武漢市内には、ユニクロ17店舗・無印良品10店舗が営業されていましたが、営業を中止しています。

ファーストリテイリングも無印良品も、武漢市内に日本人の駐在員はいません。

 

武漢の日本企業まとめ

新型コロナウイルス肺炎のために封鎖されている、中国武漢に進出していた日本企業一覧とその対応について調べてみました。

約160の日本企業が武漢に進出していますが、日産・ホンダやイオン・みずほ銀行など誰もが知る大手企業も多かったです。

ほとんどの日本企業は、武漢に駐在したり・出張で滞在している日本人従業員を政府の用意するチャーター機で帰国させる方針です。

ただ業務内容によってメンテナンスなどのために代表者が残ることもあるようです。

新型コロナウイルス肺炎の脅威と人々の混乱で普通の生活もままならないようなところに、会社都合で残らなければならないなんて大変・・・

新型コロナウイルス肺炎で混乱している武漢に進出している日本企業がどこなのか?一覧と帰国対応を紹介しました。

武漢に在住していた日本人の方達は仕事で遊んでいたわけでもないし、被害者的立場なので、パニック状態の武漢から帰国できるのは良いことですが、そこから新型コロナウイルス肺炎の感染が拡大したら目も当てられません。

帰国される方の中に誰も感染しておらず、日本国内にも広がらないことを願うばかりです。

>>携帯可能な除菌スプレーでウイルス対策!(プロ仕様)