甘酒は肌荒れやシミに効果ある?飲む量や期間とタイミングも紹介!

米麹甘酒は肌荒れやシミに効果なし?飲む量や期間はどれくらい??糖質量とカロリーや糖質オフ甘酒を紹介

甘酒には米麹で作られたアルコールゼロの甘酒と、酒粕で作られたアルコール分有の甘酒があります。

どちらも栄養価が高く「飲む点滴」と言われる程ですが、更により美肌効果が期待できるのは、米麹の甘酒です。

米麹の甘酒は、ビタミンB群やアミノ酸など美肌に効果的な成分を多く含み「飲む美容液」とも言われています。

ですが、美肌と言っても肌にどのような嬉しい効果があるのかよく分からず、肌荒れやシミにも効果があるのか気になります。

米麹の甘酒は肌荒れやシミにも効果を期待できるのか、効果的な飲み方(飲む量や期間・タイミング)も合わせて調べてみました。

 

米麹甘酒は肌荒れやシミに効果ある?

米麹でできた甘酒には9種全ての必須アミノ酸・ビタミンB群・ミネラルなどが豊富に含まれていて、点滴と同じ成分だったことが判明し「飲む点滴」と言われています。

美容や健康に多くの効果がありますが、ここからは米麹甘酒の肌への効果にスポットをあてて紹介します★

米麹甘酒の美肌に効果的な成分
  • 必須アミノ酸9種:タンパク質の元となり、コラーゲンを生成⇒肌のキメを整え、ハリや弾力を与える
  • ビタミンB群:血行や代謝を良くする⇒肌のターンオーバーをサポート
  • 食物繊維・オリゴ糖:腸内環境を整える⇒便通が良くなる⇒老廃物が減って肌トラブル軽減
  • 抗酸化物質:肌の酸化を抑制しターンオーバーを促進⇒しみシワ肌荒れなど肌の老化を食い止める、アンチエイジング作用
    ※『エルゴチオネイン』『グルコシルセラミド』『N-アセチルグルコサミン』『フェルラ酸』など、米麹甘酒からは多数の抗酸化物質が発見されています。

 

肌荒れへの効果は?

米麹甘酒に含まれる必須アミノ酸の効果で肌のキメが整うと、肌のバリア機能が高まります。

肌のバリア機能が高まれば、乾燥しにくくなり刺激にも強くなるので、肌荒れしにくくなります。

また、米麹甘酒にはターンオーバーを推進する成分やアンチエイジング成分が多数含まれており、整腸作用まであるので、しっかりと肌荒れへの効果が期待できます。

シミへの効果は?

米麹甘酒に含まれる『コウジ酸』『ビタミン類』『抗酸化物質』にはシミの元となるメラニンの生成を抑制する効果もあります。

更に肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進したり抗酸化作用のある成分も多数含まれています。

ピンポイントで濃いシミが消える!という効果はないですが、顔全体の肌のトーンが明るくなり、薄いシミやくすみが和らぐ程度は期待できそうです。

米麹甘酒を飲み続ければ、メラニンの生成を防ぎターンオーバーを促進するので、将来のシミを防ぐことができそうですね。

 

米麹甘酒の効果的な飲み方(量・期間・タイミング)

米麹の甘酒に美肌に効果のある成分がしっかり含まれていて、肌荒れや将来的なシミにも効果があるのはわかりましたが、飲み方で違いはあるのか?効果的な飲み方や期間について調べてみました。

1日に飲む量はどれくらい?

米麹甘酒は、1日に200ml程度を毎日継続的に飲むのが効果的です。

米麹の甘酒は健康や美容に嬉しい成分がたくさん入っていますが、その分、糖分やカロリーが高いので飲む量は注意が必要です。

1度にたくさんの量を飲むのではなく、コンスタントに続けて飲むようにしましょう。

飲むタイミングはいつ?

甘酒は薬ではないので、特に飲むタイミングは決まっていません。

ですが、美肌への効果を期待するなら、夕方飲むのがオススメです。(寝ている間に美肌成分が働けるように)

ちなみに、体力回復・ダイエット効果を期待するなら「朝」、便秘改善なら「夕方」、精神安定・安眠効果なら「夜寝る前」です。

飲むタイミングが違っても何も悪影響はないので、自分で飲みやすいタイミングでいつでもOKです。

 

効果が出るまでの期間はどれくらい?

甘酒の美肌効果は飲んですぐには現れません。

1週間程度の期間、米麹甘酒を飲み続けると、美肌効果を実感できる人が多いようです。

 

米麹甘酒の美肌効果まとめ

米麹でできた甘酒は、肌に嬉しい効果ある成分がしっかりと含まれていて、美肌効果抜群です。

肌荒れに悩んでいる人、将来的なシミを軽減したい人にはピッタリです。

米麹の甘酒はノンアルコールなので、大人でも子供でも時間を気にせずに飲めますが、美肌効果を狙うなら毎日夕方200ml飲むのが効果的です。

甘酒の美容効果はテレビや雑誌など多くのメディアで取り上げられているので、SNSでも「肌がきれいになった」「くすみが抜けて明るくなった」などの美肌効果がたくさんみられました。

市販品でも手作りでも米麹甘酒の効果に変わりはないので、どちらでも取り組みやすい米麹甘酒で手軽に美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です