赤楚衛二は父親の大学を中退?高校中学の偏差値も調査!

赤楚衛二は父親の大学を中退?高校中学の偏差値も調査!

Pocket

今回は、『赤楚衛二は父親の大学を中退?高校中学の偏差値も調査!』をお届けします。

おっとりした雰囲気で、可愛らしさがとっても人気の赤楚衛二さん。

そんな赤楚衛二さんの学歴が、最近話題になっています。

というのも、赤楚衛二さんの父親が大学の学長で、赤楚衛二さんはその大学を中退したらしいのです。

父親が大学の学長だなんて、凄いですよね。

なんだかとっても教育熱心に育てられていそうです。

そこで、赤楚衛二さんの出身高校や中学について、偏差値などを調査してみました。

赤楚衛二さんの父親のことや、出身高校や中学がどこなのか気になっている方はぜひ、最後までご覧ください。

 

赤楚衛二は父親の大学を中退?

赤楚衛二さんの出身大学は『名古屋学院大学』で、外国語学部の英米語学科です。

赤楚衛二さんは父親の仕事のため3歳までアメリカで過ごしていた帰国子女で、英語が得意だったみたいですね(^^)

2020年4月、なんと名古屋学院大学の学長に赤楚衛二さんの父・赤楚治之さんが就任しています。

赤楚衛二さんが名古屋学院大学に入学したのは、ストレートで2012年4月ですから、在学中はお父さんが学長だった訳ではなく、教授だったようです。

大学でお父さんの講義を受けるなんて、なかなか体験できることじゃないですね。

ですが、大学2年生の頃、赤楚衛二さんは名古屋学院大学を中退しています。

19歳の頃に現在の事務所に所属が決まり「芸能活動に打ち込みたい」というのが大学中退の理由のようです。

大学中退してでもやりたいことが見つけて夢に進み、今の赤楚衛二さんがあるなんて素敵ですね。

 

赤楚衛二の父親の学歴や経歴

赤楚衛二さんの父親
  • 名前:赤楚治之(あかそ なおゆき)
  • 生年月日:1959年11月7日
  • 年齢:61歳(2021年1月時点)
  • 最終学歴:ウィスコンシン大学マディソン校
  • 1989年:名古屋学院大学 外国語学部講師
  • 2014年:名古屋学院大学 学生部長
  • 2020年:名古屋学院大学 学長

赤楚衛二さんの父親は、言語学の研究者で、2020年4月より名古屋学院大学の学長に就任しています。

1989年に名古屋学院大学で専任講師として就任、その後教授、学部長を経て学長になっています。

 

赤楚衛二さんはインタビューで在学中に父親の講義を受けていたことも語っていました。

赤楚衛二さん曰く、父の治之さんの講義は「話術も内容も凄くて、父への見方が変わった」のだとか。

平日、自室にこもっていることが多かった父親を「陰で努力していたんだな」と思ったのだそうですよ。

そしてそんな父親から、陰での努力を惜しまないことを学んだとも語っていて、お父さんをとても尊敬しているようです。

 

赤楚衛二さん大学中退に対して父親は?

赤楚衛二さんの父、治之さんは、勉強には凄く厳しかったそうです。

小学5年生の時に方程式を教えられ、「できない」と言ったら怒鳴られたこともあるそう。

実は父、治之さんは、赤楚衛二さんに英語の先生や言語学の道などへ進んで欲しかったそうです。

俳優として活躍するようになった最近、「子供は思うように育たないな」と笑って言ったのだとか。

そんな父、治之さんですが、赤楚衛二さんが大学を中退して東京の事務所に入ると言ったとき、反対はしなかったそうです。

「やりたいことを見つけたならいい」と言ったのだそう。

父、治之さんは映画が好きで、赤楚衛二さんが小学校の頃には月に1回、治之さんの選んだ映画を家族で見る日があったそうです。

映画が好きだったのもあって、赤楚衛二さんの夢を反対しなかったのかも知れません。

 

赤楚衛二の高校や中学の偏差値は?

赤楚衛二さんの出身高校や、中学はどこなのか調べてみました。

赤楚衛二さんの出身高校は、『東邦高等学校』です。

名古屋市にある、2023年には創立100周年を迎えるという伝統のある私立高校です。

学科は2つあって、普通科と美術科です。

普通科は4つのコースに分かれていて、普通コース、国際探求コース、人間健康コース、文理特進コースです。

偏差値は50~61となっています。

赤楚衛二さんは英語が得意なことから、普通科の国際探求コースに在籍していたのかな?と思いますが、正式なところは分かりません。

 

赤楚衛二さんの出身中学については、調べてみましたが分かりませんでした。

名古屋市内の中学校のようなのですが、正式には不明です。

 

赤楚衛二さんは、学校ではかなり陽キャラだったそうです。

誰とでも分け隔てなく接する、明るい少年だったそうですよ。

今でもそんな雰囲気は健在ですね!

 

赤楚衛二の父親や学歴への感想評判

赤楚衛二さんの父親や学歴についてのつぶやきを集めてみました。

赤楚衛二さんは『仮面ライダービルド』での万丈役の印象が強くて、実際の境遇がピンとこない!という声がちらほらありました。

赤楚衛二さんの両親は、自分たちとは全く違う世界に踏み込んだ息子を心から応援していて素晴らしい方たちなんだなと思いました!

 

まとめ

赤楚衛二さんが父親の大学を中退していること、出身高校や中学はどこか、また偏差値はどれくらいかをまとめました。

赤楚衛二さんは言語学者である父、治之さんに勉強については厳しく教育されていたようです。

中でも叩き込まれた英語は、今も得意だそうですよ。

勉強には厳しかった父、治之さんですが、週末には公園でよく遊んでくれたのだそう。

仮面ライダーごっこやウルトラマンごっこでは、常に敵役をしてくれたのだとか。

まさかその時は、息子が本物の仮面ライダーになるなんて思ってもみなかったでしょうね。

父親の希望とは違う道に進んだ赤楚衛二さんですが、芸能界で活躍して、「この育て方で良かった」と思ってもらいたいんだそう。

最近の人気ぶりを見ていると、父、治之さんは既にそんな風に思っているかも知れないですね!

最後まで『赤楚衛二は父親の大学を中退?高校中学の偏差値も調査!』をご覧いただき、ありがとうございました。